2020年東京オリンピックのサッカー競技・アジア予選

2020年東京オリンピックのサッカー競技・アジア予選 (女子)
大会概要
開催国 1次予選: タジキスタンの旗 タジキスタン 22, タイ王国の旗 タイ, ミャンマーの旗 ミャンマー, パレスチナの旗 パレスチナ
2次予選: ミャンマーの旗 ミャンマー, ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン, カタールの旗 カタール
3次予選: 大韓民国の旗 韓国, オーストラリアの旗 オーストラリア
日程 2018年11月4日 - 2021年2月24日
チーム数 25 (1連盟)
 < 20162024 > 

2020年東京オリンピックのサッカー競技・アジア予選(2020ねんとうきょうオリンピックのサッカーきょうぎ・アジアよせん)では、2020年東京オリンピックのサッカー競技におけるアジア予選アジアサッカー連盟=AFC)について述べる。

本記事では女子のアジア予選を詳述する。男子のアジア予選についてはAFC U-23選手権2020を参照。

大会方式

大会方式は以下の通り[1]

出場枠
日本は開催国枠で出場できるため、当予選には出場しない。それ以外にアジアから2チームが出場できる。
予選一部免除チーム
出場チームのうち、ランキング(基準不詳)1位から5位のチーム(オーストラリア北朝鮮韓国中国タイ)は3次予選から、6位・7位のチーム(ベトナムウズベキスタン)は2次予選から出場する。
1次予選
出場18チームを4または5チームずつの4組に分け、それぞれ対戦を行う。各組上位2チームと、各組3位チームのうち成績上位2チーム、計10チームが2次予選に進出する[1][2](なお10月19日の発表では、各組上位1チームと、各組2位チームのうち成績上位2チーム、計6チームが2次予選に進出するとされていた[3])。
2次予選
1次予選からの勝ち上がり10チームと、2次予選から出場の2チーム、計12チームを4チームずつの3組に分けて対戦を行う。各組1位チームが3次予選に進出する。
3次予選
2次予選からの勝ち上がり3チームと、3次予選から出場の5チーム、計8チームを4チームずつの2組に分け、それぞれ対戦を行う。各組上位2チームがプレーオフに進出する。
プレーオフ
進出した4チームが2チームずつに分かれてホーム・アンド・アウェーで対戦し、勝利したチームがオリンピック出場権を得る。

順位決定方式

1次予選から3次予選においては、以下の優先順位により順位を付ける[4]

  1. 勝ち点
  2. 総当たり全試合での得失点差
  3. 総当たり全試合での総得点
  4. 国際サッカー連盟(FIFA)による抽選

プレーオフでは、2試合の合計得点・アウェーゴール数がともに並んだ場合は延長戦を行うが、延長戦の得点に対してもアウェーゴールルールを適用する(延長戦の得点が1-1以上の同点であれば、延長戦を行った際のアウェーのチームが勝利となる)[5]

1次予選

1次予選の組み合わせ抽選は2018年8月2日に行われた[1]。組み合わせと試合日程は以下の通り[6]

グループA

全試合ギッサールセントラルスタジアム(タジキスタンの旗 タジキスタンギッサール)で開催。

チーム 出場権
1  チャイニーズタイペイ 4 4 0 0 33 0 +33 12 2次予選に出場
2  フィリピン 4 3 0 1 17 7 +10 9
3  タジキスタン 4 2 0 2 11 13 −2 6
4  モンゴル 4 0 1 3 4 20 −16 1
5  シンガポール 4 0 1 3 2 27 −25 1

モンゴル  v  タジキスタン

モンゴル  1 - 4  タジキスタン
レポート

タジキスタン  v  チャイニーズタイペイ

タジキスタン  0 - 9  チャイニーズタイペイ
レポート

フィリピン  v  タジキスタン

フィリピン  3 - 1  タジキスタン
レポート


タジキスタン  v  シンガポール

タジキスタン  6 - 0  シンガポール
レポート

グループB

全試合Institute of Physical Education Stadium(タイ王国の旗 タイチョンブリー[7])で開催。

チーム 出場権
1  イラン 2 1 1 0 9 1 +8 4 2次予選に出場
2  香港 2 1 1 0 5 1 +4 4
3  レバノン 2 0 0 2 0 12 −12 0

※マカオとアラブ首長国連邦はグループBに組み込まれていたものの、出場を辞退した(AFCの試合予定からチーム名が削除されている)。なおマカオは予選を勝ち抜いたとしてもオリンピックには出場できなかった(マカオオリンピック委員会が国際オリンピック委員会(IOC)に未加盟であるため)。




イラン  v  香港

イラン  1 - 1  香港
レポート

グループC

全試合トゥウンナ・スタジアムミャンマーの旗 ミャンマーヤンゴン)で開催。

チーム 出場権
1  ミャンマー 3 2 1 0 8 2 +6 7 2次予選に出場
2  インド 3 1 1 1 9 4 +5 4
3  ネパール 3 0 3 0 3 3 0 3
4  バングラデシュ 3 0 1 2 2 13 −11 1




グループD

全試合ファイサル・フサイニー国際スタジアムパレスチナの旗 パレスチナ・アッ=ラーム)で開催。

チーム 出場権
1  ヨルダン 3 3 0 0 16 0 +16 9 2次予選に出場
2  インドネシア 3 1 1 1 4 5 −1 4
3  パレスチナ 3 1 1 1 3 9 −6 4
4  モルディブ 3 0 0 3 2 11 −9 0




2次予選

2次予選の組み合わせ抽選は2019年2月13日に行われた[8]。方式は以下の通り[9]

  • ポット分け(下記の表を参照)は、2018年12月7日発表のFIFA女子ランキングに基づく。なおランキング外であったウズベキスタンはポット分けでは最下位と扱う。
  • 開催国として立候補しているチーム(下記の表の◆印)は別のグループに割り振る。
  • 対戦順序は1日目が「ポット1-4とポット2-3」、2日目が「ポット4-2とポット3-1」、3日目が「ポット1-2とポット3-4」とあらかじめ定められている。
2次予選・組み合わせ抽選のポット分け(かっこ内の数字はFIFA女子ランキング[10]
ポット1 ポット2 ポット3 ポット4

グループA

開催地:ミャンマーの旗 ミャンマー

チーム 出場権
1  ミャンマー 3 2 1 0 12 4 +8 7 3次予選に出場
2  インド 3 2 1 0 8 4 +4 7
3  ネパール 3 1 0 2 4 7 −3 3
4  インドネシア 3 0 0 3 1 10 −9 0




グループB

開催地:ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン

チーム 出場権
1  ベトナム 3 3 0 0 6 2 +4 9 3次予選に出場
2  ウズベキスタン 3 2 0 1 8 3 +5 6
3  ヨルダン 3 0 1 2 0 4 −4 1
4  香港 3 0 1 2 2 7 −5 1

ベトナム  v  ウズベキスタン

ベトナム  2 - 1  ウズベキスタン
レポート
ロコモティフ・スタジアム, タシュケント

ヨルダン  v  香港

ヨルダン  0 - 0  香港
レポート
Transportation Institute Stadium, タシュケント

ウズベキスタン  v  ヨルダン

ウズベキスタン  2 - 0  ヨルダン
レポート
ロコモティフ・スタジアム, タシュケント

香港  v  ベトナム

香港  1 - 2  ベトナム
レポート
Transportation Institute Stadium, タシュケント

ベトナム  v  ヨルダン

ベトナム  2 - 0  ヨルダン
レポート
Transportation Institute Stadium, タシュケント

香港  v  ウズベキスタン

香港  1 - 5  ウズベキスタン
レポート
ロコモティフ・スタジアム, タシュケント

グループC

開催地:カタールの旗 カタール

  • 当初はパレスチナの旗 パレスチナで開催の予定であったものの、イラン人がパレスチナへの入国を禁じられていることを踏まえ、AFCが開催地の変更を認めた[11]
チーム 出場権
1  チャイニーズタイペイ 3 3 0 0 11 3 +8 9 3次予選に出場
2  フィリピン 3 2 0 1 11 4 +7 6
3  イラン 3 1 0 2 10 6 +4 3
4  パレスチナ 3 0 0 3 0 19 −19 0

チャイニーズタイペイ  v  パレスチナ

チャイニーズタイペイ  3 - 0  パレスチナ
レポート
サウード・ビン・アブドゥルラフマン・スタジアム(英語版), アル=ワクラ

パレスチナ  v  イラン

パレスチナ  0 - 9  イラン
レポート
サウード・ビン・アブドゥルラフマン・スタジアム(英語版), アル=ワクラ

フィリピン  v  パレスチナ

フィリピン  7 - 0  パレスチナ
レポート
サウード・ビン・アブドゥルラフマン・スタジアム(英語版), アル=ワクラ

3次予選

3次予選は大韓民国の旗 韓国済州島)ならびに中華人民共和国の旗 中国が開催地となる予定[12]2020年2月3日 - 2月9日に開催の予定[13]。(ただし後述の通り、中国開催分はオーストラリアの旗 オーストラリアに振り替えられたうえで日程も変更された。)

組み合わせ抽選は2019年10月18日に行われた[14]。方式は以下の通り。

  • ポット分け(下記の表を参照)は、2019年9月27日発表のFIFA女子ランキングに基づく[13]
  • 開催国として立候補しているチーム(下記の表の◆印)は別のグループに割り振る[15](ただし、これらのチームは同一のポットに入ったため、特別な措置は取られなかった)。
  • 対戦順序は1日目が「ポット1-4とポット2-3」、2日目が「ポット4-2とポット3-1」、3日目が「ポット1-2とポット3-4」とあらかじめ定められている[15]
3次予選・組み合わせ抽選のポット分け(かっこ内の数字はFIFA女子ランキング[16]
ポット1 ポット2 ポット3 ポット4

グループA

開催地:大韓民国の旗 韓国

 北朝鮮は出場を辞退した[17]

チーム 出場権
1  韓国 2 2 0 0 10 0 +10 6 プレーオフに出場
2  ベトナム 2 1 0 1 1 3 −2 3
3  ミャンマー 2 0 0 2 0 8 −8 0

ミャンマー  v  韓国

ミャンマー  0 - 7  韓国
レポート 池笑然 6分にゴール 6分 (PK)52分
Lee So-Dam 37分にゴール 37分
Park Yee-Un 53分にゴール 53分71分
Yeo Min-Ji 81分にゴール 81分89分


韓国  v  ベトナム

韓国  3 - 0  ベトナム
Jang Sel-Gi 23分にゴール 23分
Choo Hyo-Joo 53分にゴール 53分
池笑然 83分にゴール 83分
レポート

グループB

開催地:オーストラリアの旗 オーストラリア

チーム 出場権
1  オーストラリア 3 2 1 0 14 1 +13 7 プレーオフに出場
2  中国 3 2 1 0 12 2 +10 7
3  チャイニーズタイペイ 3 1 0 2 1 12 −11 3
4  タイ 3 0 0 3 1 13 −12 0

タイ  v  チャイニーズタイペイ

タイ  0 - 1  チャイニーズタイペイ
レポート 丁旗 19分にゴール 19分
キャンベルタウン・スタジアム(英語版), キャンベルタウン

中国  v  タイ

中国  6 - 1  タイ
李影 6分にゴール 6分66分
張馨 11分にゴール 11分
王珊珊 41分にゴール 41分
唐佳麗 45分にゴール 45分51分
レポート Silawan Intamee 80分にゴール 80分
キャンベルタウン・スタジアム(英語版), キャンベルタウン

オーストラリア  v  チャイニーズタイペイ

オーストラリア  7 - 0  チャイニーズタイペイ
フォード 10分にゴール 10分24分38分
キャトレイ 31分にゴール 31分
ラソ 54分にゴール 54分
カー 64分にゴール 64分
ゴリー 90+2分にゴール 90+2分
レポート
キャンベルタウン・スタジアム(英語版), キャンベルタウン

チャイニーズタイペイ  v  中国

チャイニーズタイペイ  0 - 5  中国
レポート 唐佳麗 5分にゴール 5分
呉海燕 25分にゴール 25分
王珊珊 26分にゴール 26分30分
李影 34分にゴール 34分
キャンベルタウン・スタジアム(英語版), キャンベルタウン

タイ  v  オーストラリア

タイ  0 - 6  オーストラリア
レポート ファン・エグモンド 44分にゴール 44分45+4分70分
サイモン 67分にゴール 67分73分
ラソ 71分にゴール 71分
キャンベルタウン・スタジアム(英語版), キャンベルタウン


3次予選グループBの開催地・日程の変更

  • 当初は中国武漢市が開催地と発表されていたものの、同市を中心とした感染性肺炎の流行を受け[18][19]、2020年1月22日に試合開催日はそのままに会場を中国・南京市の江寧足球訓練基地に変更すると発表された[20]
  • さらにその後の1月26日、中国サッカー協会が同国での開催を断念、協議の結果開催地をオーストラリアシドニーに変更することが発表された[21][22]
  • 1月29日にオーストラリアサッカー連盟が日時・会場を発表。日程は当初の予定通りの2月3日 - 2月9日で、会場はシドニー都市圏の2会場が用いられることとされた[23]
  • さらに1月31日にオーストラリアサッカー連盟は、中国代表の選手が経過観察のため2月5日まで隔離される予定であることを踏まえ[24]、中国代表の試合を2月6日から12日とする日程変更を行うと発表した[25]
  • 2月2日にオーストラリアサッカー連盟は、2月6日・2月9日に開催予定であった試合を1日遅らせること、また2月12日に開催予定であった試合は1日遅らせる可能性があることを発表した(これにより会場も変更された)[26]。2月5日にオーストラリアサッカー連盟は、2月12日に開催予定であった試合を1日遅らせて2月13日に開催すると発表した[27]

プレーオフ

日程は以下の通り[28]。2020年2月21日にAFCが会場を発表した[29]

プレーオフにおいて中国は、新型コロナウイルスの流行に伴う出入国制限の問題からホームゲームを中国国外で開催することを検討しており、オーストラリアを代替開催地として申請していた(他に検討されていた代替開催国の候補としては日本タイもあった)[30] 。なお3次予選でオーストラリアに入国した中国の選手は、3次予選終了後も引き続きオーストラリアに滞在していた[30]。これを受けて2020年2月21日の発表では、韓国のホームゲームは龍仁市龍仁市民運動公園(英語版、朝鮮語版)、中国のホームゲームはオーストラリア・キャンベルタウンのキャンベルタウン・スタジアム(英語版)と告知されていた[29]。しかしその後、以下の通り延期がなされている。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
韓国  3 - 4  中国 1 - 2 2 - 2 延長
オーストラリア  7 - 1  ベトナム 5 - 0 2 - 1

韓国 
(3次予選A組1位) v  中国
(3次予選B組2位)

韓国 
(3次予選A組1位)
1 - 2  中国
(3次予選B組2位)
姜綵林 39分にゴール 39分 レポート 张馨 33分にゴール 33分
王霜 73分にゴール 73分 (PK)

中国  v  韓国

中国  2 - 2
(延長)
 韓国
王霜 69分にゴール 69分104分 レポート 姜綵林 31分にゴール 31分
李孟闻 45分にゴール 45分 (OG)
蘇州オリンピック・スポーツセンター(英語版), 蘇州

2戦合計3-3(延長1-0)で中国が東京オリンピック出場


オーストラリア 
(3次予選B組1位) v  ベトナム
(3次予選A組2位)

オーストラリア 
(3次予選B組1位)
5 - 0  ベトナム
(3次予選A組2位)
カー 10分にゴール 10分80分 (PK)
ロガーゾ 27分にゴール 27分
ファン・エグモンド 38分にゴール 38分
ポルキンホーン 67分にゴール 67分
レポート

ベトナム  v  オーストラリア

ベトナム  1 - 2  オーストラリア
フイーン・ヌー 55分にゴール 55分 レポート カー 15分にゴール 15分
ラソ 27分にゴール 27分
カムファ・スタジアム(英語版、ベトナム語版), カムファ

2戦合計7-1でオーストラリアが東京オリンピック出場


脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ a b c “Asia's elite set to vie for two Tokyo 2020 tickets”. アジアサッカー連盟 (2018年8月2日). 2018年11月13日閲覧。
  2. ^ “Qualifiers Round 2 cast taking shape”. アジアサッカー連盟 (2018年11月11日). 2018年11月13日閲覧。
  3. ^ “Venues confirmed for first round of Tokyo 2020 Qualifiers”. アジアサッカー連盟 (2018年10月19日). 2018年11月13日閲覧。
  4. ^ 大会規定 第19.2節, 第19.3節。基本は第19.2節の規定を適用するが、1か国での開催となるため第19.3節の規定も適用される。
  5. ^ 大会規定 第19.6節
  6. ^ “Women's Olympic Football Tournament 2020 Asian Qualifiers Round 1 Draw Results”. アジアサッカー連盟. 2018年8月16日閲覧。
  7. ^ “Venues confirmed for first round of Tokyo 2020 Qualifiers”. アジアサッカー連盟 (2018年10月19日). 2019年4月14日閲覧。
  8. ^ “Qualifiers Round 2 draw concluded”. アジアサッカー連盟 (2019年2月13日). 2019年4月14日閲覧。
  9. ^ “Women's Olympic Football Tournament Tokyo 2020 Asian Qualifiers Round 2”. アジアサッカー連盟YouTube (2019年2月13日). 2019年10月27日閲覧。(動画の4分25秒から7分37秒を参照)
  10. ^ “The FIFA Women's World Ranking”. 国際サッカー連盟 (2018年12月7日). 2019年11月12日閲覧。
  11. ^ “Host of Women's Olympic Football Qualifiers Changed”. Tasnim News Agency (2019年2月27日). 2019年4月14日閲覧。
  12. ^ “Jeju Island to host Olympic women's football qualifying tournament”. 聯合ニュース (2019年9月3日). 2019年9月14日閲覧。
  13. ^ a b “New format to decide Asia's Tokyo 2020 women qualifiers”. アジアサッカー連盟 (2019年10月17日). 2019年10月17日閲覧。
  14. ^ “Tokyo 2020 Women's Tournament final qualifying round groups drawn”. アジアサッカー連盟 (2019年10月18日). 2019年10月18日閲覧。
  15. ^ a b “Tokyo 2020: Asian Qualifiers Final Round Draw Highlights”. アジアサッカー連盟 (2019年10月18日). 2019年10月18日閲覧。(動画の3分47秒からを参照)
  16. ^ “The FIFA Women's World Ranking”. 国際サッカー連盟 (2019年9月27日). 2019年11月12日閲覧。
  17. ^ “東京五輪のサッカー女子アジア最終予選 北朝鮮が不参加に”. 聯合ニュース (2019年12月25日). 2019年12月25日閲覧。
  18. ^ “東京五輪女子サッカーアジア予選開催地を変更。中国のウイルス感染拡大で”. フットボールチャンネル (2020年1月22日). 2020年1月22日閲覧。
  19. ^ “Soccer: Olympic qualifiers shifted out of Wuhan following virus fears”. ロイター (2020年1月22日). 2020年1月22日閲覧。
  20. ^ “Tokyo 2020 Asian Qualifiers - Group B moved to Nanjing”. アジアサッカー連盟 (2020年1月22日). 2020年1月22日閲覧。
  21. ^ “Sydney to replace Nanjing as host for Women's Olympic Qualifiers”. アジアサッカー連盟 (2020年1月26日). 2020年1月26日閲覧。
  22. ^ “シドニーへ開催地再変更 新型肺炎影響、中国が返上―五輪サッカー女子予選”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2020年1月26日). 2020年1月26日閲覧。
  23. ^ “Venues & kick-off times confirmed for Women's Olympic Football Tournament Qualifiers in Sydney”. Matildas(公式サイト). オーストラリアサッカー連盟 (2020年1月29日). 2020年1月29日閲覧。
  24. ^ “東京五輪予選に臨む中国女子代表、開幕後までホテルで隔離…一部主力は帯同できず”. ゲキサカ. 講談社 (2020年1月29日). 2020年1月31日閲覧。
  25. ^ “Women's Olympic Football Tournament Qualifiers to proceed with amended match schedule”. Matildas(公式サイト). オーストラリアサッカー連盟 (2020年1月31日). 2020年1月31日閲覧。
  26. ^ “Women's Olympic Football Tournament Qualifiers Updates - fixture changes”. Matildas(公式サイト). オーストラリアサッカー連盟 (2020年2月2日). 2020年2月2日閲覧。
  27. ^ “Stakeholders agree to action extra rest day at Women's Olympic Football Tournament Qualifiers in Sydney”. Matildas(公式サイト). オーストラリアサッカー連盟 (2020年2月5日). 2020年2月6日閲覧。
  28. ^ “Tokyo 2020: Asian Qualifiers Final Round Draw Highlights”. アジアサッカー連盟 (2019年10月18日). 2019年10月18日閲覧。(動画の3分30秒からを参照)
  29. ^ a b “Venue for Asian Qualifiers Final Round Play-off confirmed”. アジアサッカー連盟 (2020年2月21日). 2020年2月21日閲覧。
  30. ^ a b “津媒:女足再用故地占据心理优势 有助超水准发挥”. 天津日報. 新浪 (2020年2月20日). 2020年2月20日閲覧。
  31. ^ “AFC calls for emergency meetings with National and Club representatives (Updated)”. アジアサッカー連盟 (2020年2月28日). 2020年2月28日閲覧。
  32. ^ “AFC Competitions update”. アジアサッカー連盟 (2020年3月9日). 2020年3月9日閲覧。
  33. ^ “Update on upcoming FIFA World Cup qualifiers”. アジアサッカー連盟 (2020年3月9日). 2020年3月9日閲覧。
  34. ^ “Dates for Women's Olympic Asian Qualifiers Play-off final confirmed”. アジアサッカー連盟 (2020年5月27日). 2020年5月29日閲覧。
  35. ^ “Olympic playoff between Korea Republic vs China PR postponed”. アジアサッカー連盟 (2021年2月2日). 2021年2月3日閲覧。
  36. ^ “Westfield Matildas Newcastle-bound on road to Tokyo”. Matildas(公式サイト). オーストラリアサッカー連盟 (2020年2月13日). 2020年2月14日閲覧。

大会規定

外部リンク

  • Olympic Games | AFC(アジアサッカー連盟、英語)