1976年の全日本F2000選手権

1976年の全日本F2000選手権 22
前年: 1975 翌年: 1977

1976年の全日本F2000選手権は、1976年(昭和51年)5月2日 - 3日富士スピードウェイで開幕し、同年11月6日 - 7日鈴鹿サーキットで閉幕した全5戦によるシリーズである。

エントリーリスト

Car-No. ドライバー 車名
(シャシー/エンジン)
タイヤ エントラント
1 日本の旗 長谷見昌弘(第1・3 - 5戦)
日本の旗 都平健二(第2戦)
ダルメックスKEマーチ
(マーチ742 → 752/BMW M12/6)
D コジマエンジニアリング
2 日本の旗 高橋国光(第1・3 - 5戦) ダルメックスマーチ
(マーチ742 → 752/BMW M12/7)
B

D

酒井レーシング
3 日本の旗 高原敬武 スタンレーノバ
(ノバ512/BMW M12/7)
B 有限会社タカハラレーシング
5 日本の旗 星野一義(第1・3 - 5戦) ユニペックスマーチ → ユニペックスノバ
(マーチ742 → ノバ512B/BMW M12/7)
B ヒーローズレーシングコーポレーション
6 日本の旗 桑島正美(第2戦) エレクトロラックスマーチ
(マーチ752/BMW M12/7)
B 酒井レーシング
日本の旗 杉崎直司(第3戦) マーチ752
(マーチ752/BMW M12/7)
B
ドイツの旗 ニコ・ニコル(第4・5戦) マーチ742
(マーチ742/BMW M12/6)
B JAXレーシングチーム
7 日本の旗 高橋健二 ダルメックスマーチ → 村上商会東名マーチ
(マーチ742/BMW M12/7)
D 東名自動車株式会社
8 日本の旗 松本恵二(第2・4・5戦) マーチ752ビーブル
(マーチ752/BMW M12/6)
D マツモトレーシングユニオン
9 日本の旗 漆原徳光(第1・3戦) マーチ742
(マーチ742/BMW M12/7)
D ウルシハラレーシングチーム
日本の旗 杉崎直司(第4戦) マーチ752
(マーチ752/BMW M12/7)
B
日本の旗 北野元(第5戦) マーチ752
(マーチ752/BMW M12/7)
D コジマエンジニアリング
11 日本の旗 岡田哲(第4戦) サーティースTS15
(サーティースTS15/フォード BDA)
ヤツカレーシングチーム
16 フランスの旗 ジャック・ラフィット(第5戦) シェブロンB35
(シェブロンB35/40/BMW M12/7)
B ビクトリーサークルクラブ
17 ブラジルの旗 アレックス・リベイロ(第1戦) Gottiマーチ
(マーチ752/BMW M12/7)
B ビクトリーサークルクラブ
日本の旗 田中俊夫(第2戦) イーグルマーチ742
(マーチ742/BMW M12/7)
D イーグルジャパンレーシング
日本の旗 力身修(第3・4戦) マーチ752
(マーチ752/BMW M12/6)
D
18 日本の旗 鮒子田寛 エンケイマグ752
(マーチ752/BMW M12/6)
D エンケイレーシングチーム
22 日本の旗 田中俊夫(第1戦) イーグルマーチ742
(マーチ742/BMW M12/7)
D イーグルジャパンレーシング
24 日本の旗 長坂尚樹(第1・2戦) ユニペックスマーチ
(マーチ722/BMW M12/7)
B ヒーローズレーシングコーポレーション
28 イギリスの旗 トニー・トリマー(第5戦) マーチ742
(マーチ742/BMW M12/7)
D ホットスタッフレーシング
34 ドイツの旗 ハンス=ヨアヒム・シュトゥック(第5戦) マーチ762
(マーチ762/BMW M12/7)
B コジマエンジニアリング
37 日本の旗 生沢徹(第5戦) マーチ752
(マーチ752/BMW M12/7)
B テツレーシング
50 日本の旗 米山二郎(第2 - 5戦) マーチ752
(マーチ752/BMW M12/6)
D ヒコックレーシングチーム(第2・3戦)
サーティースTS15
(サーティースTS15/フォードBDA)
ジローモーターレーシング(第4・5戦)
55 日本の旗 津々見友彦(第5戦) コモドールマーチ
(マーチ742/BMW M12/7)
D コモドールレーシング
80 日本の旗 永松邦臣(第1・3 - 5戦) S&Bマーチアストロン → ウィンズマーチアストロン
(マーチ752/ミツビシR39B2)
D アストロンレーシング
81 アメリカ合衆国の旗 ダニー・サリバン(第1戦) サンキストマーチアストロン
(マーチ742/ミツビシR39B2)
B アストロンレーシング
88 日本の旗 藤田直広 キャセイパシフィックノバ
(ノバ02/512/BMW M12/7)
D チームフェニックス

※タイヤ:BブリヂストンDダンロップ

スケジュール及び勝者

開催日 開催場所 イベント名 ポールポジション 優勝者
第1戦 5月2日 - 3日 富士スピードウェイ '76 JAF GP 星野一義 高原敬武
第2戦 5月22日 - 23日 鈴鹿サーキット '76 鈴鹿フォーミュラジャパンレース 高原敬武 高原敬武
第3戦 8月7日 - 8日 富士スピードウェイ 富士フォーミュラー・チャンピオン・レース 星野一義 星野一義
第4戦 9月25日 - 26日 鈴鹿サーキット '76 鈴鹿グレート20ドライバースレース大会 藤田直広 星野一義
第5戦 11月6日 - 7日 鈴鹿サーキット '76 日本グランプリ・レース 星野一義 ジャック・ラフィット

シリーズポイントランキング

ポイントシステム
順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
出走11台以上のレース 20 15 12 10 8 6 4 3 2 1
出走7-10台のレース 15 12 10 8 6 4 0 0 0 0

※外国ライセンスドライバーは得点対象外

順位 ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 合計
1 日本の旗 高原敬武 1 1 3 7 2 66
2 日本の旗 長谷見昌弘 4 2 2 3 52
3 日本の旗 藤田直広 Ret 2 Ret 4 1 42
4 日本の旗 星野一義 Ret 1 1 DNS 40
5 日本の旗 高橋健二 5 3 Ret Ret 4 28
6 日本の旗 高橋国光 Ret 4 3 Ret 22
7 日本の旗 鮒子田寛 6 6 7 9 7 20
8 日本の旗 杉崎直司 5 5 16
9 日本の旗 長坂尚樹 2 8 15
10 日本の旗 永松邦臣 3 Ret 11 Ret 12
11 日本の旗 桑島正美 4 8
11 日本の旗 北野元 5 8
13 日本の旗 力身修 6 10 7
14 日本の旗 都平健二 5 6
14 ドイツの旗 ニコ・ニコル 6 Ret 6
14 日本の旗 津々見友彦 6 6
17 日本の旗 漆原徳光 Ret 8 3
17 日本の旗 松本恵二 Ret 8 Ret 3
17 日本の旗 生沢徹 8 3
20 日本の旗 米山二郎 8 9 Ret Ret 2
日本の旗 田中俊夫 DNS 7 0
日本の旗 岡田哲 Ret 0
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)
執筆の途中です この項目は、モータースポーツに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。