金沢ふらっとバス

金沢ふらっとバス(材木ルート)

金沢ふらっとバス(かなざわふらっとバス)は、石川県金沢市の中心部で運行されているコミュニティバスである[1]。運行は北陸鉄道西日本ジェイアールバスに委託している。「ふらっと」の名は、床がフラット (flat) で段差のないノンステップバスであることと、料金を気にせず気軽に乗ることができる雰囲気の両方に由来する[2]

概要

此花ルート(トランジットモール)
トランジットモール交通規制標識

金沢市の中心部は古い町並みで形成されており、主要道路を除いて細い街路が多く、一般的な路線バスの車両が通行できない区間がある[1]。このような道路状況により公共交通不便地域が存在していた[1]

こうした中、金沢市では1997年(平成9年)に「金沢市におけるコミュニティバス導入検討委員会」を設置し[2]どのような路線設定が必要かの検討を行うこととなった。この中で前述の目的を達成するために、環状型の路線設定を行うこととなった。こうして設定されることとなったふらっとバスであるが、事業採算が見込めない点と車両等の初期投資が大きいことから、運賃収入の不足、車両およびバス停の設置費は市の負担とした。

このようにして1999年3月28日に運行を開始したのが、此花町や小橋町など市街の北西部と金沢駅、武蔵ヶ辻を結ぶ此花ルートである。運行は北陸鉄道に委託された。2000年3月25日には菊川町や小立野など市街南東部と香林坊、片町を結ぶ菊川ルートが、2003年3月21日には材木町や横山町など市街東部と武蔵ヶ辻、香林坊を結ぶ材木ルートが開設された。このの2路線も運行会社は北陸鉄道とされた。2008年11月8日より新たに千日町、白菊町など市街の西部と片町、武蔵ヶ辻を結び、長町の細い街路にも乗り入れる長町ルートの運行が開始された。運行会社は西日本ジェイアールバスとされた[要出典]

北陸鉄道が運行するルートではICカード乗車券のICa(アイカ)が利用できる。西日本ジェイアールバスが運行するルートでは、2015年3月14日北陸新幹線開業に合わせてほかのJRバス路線と同様にICOCAなどの交通系ICカード全国相互利用サービスに対応したICカードでの利用が可能となった。当初は回数券も運行会社ごとに別々に販売しそれぞれの運行ルートでしか使用できなかったが、のちに金沢ふらっとバス専用共通回数券が発売された[要出典]

2021年4月1日から運転手不足に伴い、全ルートで運行間隔を15分間隔から20分間隔に延長し、「材木ルート」の運行が北陸鉄道から西日本ジェイアールバスへ移管された[3][4]。さらに北陸鉄道が発行する「金沢市内1日フリー乗車券」も使用できるようになった[5]

利用状況

年間の乗客数は最多となった2010年度で約80万人を記録[1]。これ以降は減少を続けており、2019年度には73万人[4]、2021年度は4路線となった2008年以降で最低の49万6千人となった[1]

運行路線など

運賃・ダイヤ

運賃

運賃は先払いで均一制。大人100円、子ども(小学生)50円となっている。また、ICカード対応状況は以下のとおり。

  • ICa:此花ルート・菊川ルート
  • 交通系ICカード(ICOCA・PiTaPaなど):長町ルート・材木ルート[4](材木ルートは2021年の事業者変更に伴い利用可能になった)
ダイヤ

2021年4月のダイヤ改正までは15分間隔であったが、前述のとおり、運転手不足に伴う運行間隔が20分に変更されている[4]

運行路線

2022年時点、主要バス停を記載。現在の路線・ダイヤの詳細は、公式サイトの時刻表・ルート図を参照。

此花ルート
  • 金沢駅 - 別院通り - 武蔵ヶ辻・金澤表参道 - 近江町市場・市姫神社 - 町民文化館 - 中央公民館彦三館 - 小橋町 - 浅野本町 - 此花町 - 金沢駅
菊川ルート
材木ルート
長町ルート
  • 武蔵ヶ辻・近江町市場 - 玉川図書館 - 富本町 - 中村町小学校 - にし茶屋街 - 片町・犀川大橋北 - 老舗記念館 - 聖霊病院・聖堂 - 玉川町 - 武蔵ヶ辻・近江町市場

バスロケーションシステム

2021年7月1日より、VISHが開発したバスロケーションシステム「バスキャッチ」を金沢ふらっとバスで運用している[6]。「金沢ふらっとバス バスロケーションシステム」の名称で提供されており、パソコンスマートフォンでバスの位置情報などが閲覧できるようになっている[1]

車両

開業当初に導入した車体は、フォルクスワーゲン車をベースに改装したクセニッツ社製シティバスIII。また、材木ルートではCNG(圧縮天然ガスエンジンを使用(残りはディーゼルエンジン)、このタイプの小型ノンステップバスをコミュニティバスとして導入したのは金沢ふらっとバスが国内初である[要出典]。しかし、ディーラーの撤退などもあり、2006年10月には菊川ルートに日野・ポンチョを導入。また、2008年9月には同年11月に開業した長町ルートを先行して此花ルートの車両もポンチョを導入。現在は、此花・材木・菊川・長町各ルートは全車日野・ポンチョで運行されている。

  • 材木ルート

    材木ルート

  • 菊川ルート

    菊川ルート

  • 此花ルート(旧車両)

    此花ルート(旧車両)

  • 長町ルート

    長町ルート

  • 菊川ルート(旧車両)

    菊川ルート(旧車両)

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f “「金沢ふらっとバス」利用者、50万人割れ 21年度”. 日本経済新聞. (2022年4月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC1457S0U2A410C2000000/ 2022年4月28日閲覧。 
  2. ^ a b 国土交通省「地域公共交通の活性化・再生への事例集」所収「金沢市1 金沢ふらっとバス 都心部の生活交通とまちなかの活性化に対応したコミュニティバス」
  3. ^ “金沢ふらっとバス 運転手不足で4月から減便”. 北國新聞 (2021年1月25日). 2021年1月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年2月7日閲覧。
  4. ^ a b c d 「「5分の差長い」「仕方ない」 ふらっとバス減便新ダイヤ」『北國新聞』朝刊、2021年4月2日、25面。
  5. ^ 旅をもっと得して楽しむ 割引券&パスポート - 金沢市観光協会
  6. ^ “金沢ふらっとバス、現在地/運行状況/時刻表/停留所マップをスマホで確認可能に”. トラベルWatch (2021年7月12日). 2022年4月28日閲覧。

関連項目

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、金沢ふらっとバスに関連するカテゴリがあります。
  • 金沢ふらっとバス - 金沢市歩ける環境推進課
  • 路線バス情報 - 北陸鉄道
  • 金沢周辺路線図 - 西日本ジェイアールバス