蓮池藩

蓮池藩(はすのいけはん)は、佐賀藩支藩。藩主家は蓮池鍋島家

概要

立藩の時期は諸説ありはっきりしないが、江戸時代初期に初代佐賀藩主・鍋島勝茂の五男・直澄が佐賀藩領内の佐嘉郡・神埼郡杵島郡・松浦郡・藤津郡において5万2000石(佐賀藩の内高)を与えられたことに始まる。当初、佐賀城三の丸に政庁を構えたが、後に蓮池(現佐賀市内)に陣屋を構えた。

小城藩と同じく参勤交代を行っていた。享保15年(1730年)、参勤交代の免除を願い出たが、佐賀藩より却下された。

明治4年(1871年)、廃藩置県により蓮池県となる。その後、伊万里県・佐賀県・三潴県長崎県を経て佐賀県に編入された。

藩主の鍋島家は明治2年(1869年)に華族に列し、明治17年(1884年)の華族令子爵に叙せられた。

歴代蓮池藩主

  1. 直澄
  2. 直之
  3. 直称
  4. 直恒
  5. 直興
  6. 直寛
  7. 直温
  8. 直与
  9. 直紀

蓮池藩家老

石井家、成富家、松枝家、峯家

先代
佐賀藩の一部
行政区の変遷
1642年以降 - 1871年 (蓮池藩→蓮池県)
次代
伊万里県
大政奉還から廃藩置県までの間に存在した
慶応3年(1867年)旧暦10月 - 明治4年(1871年)旧暦7月
北海道地方
日本地図
東北地方
関東地方
北陸・甲信地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
関連項目
藩庁の置かれた地域を基準に分類しているが、他の地方に移転している藩もある。順番は『三百藩戊辰戦争事典』による。
明治期の変更: ★=新設、●=廃止、○=移転・改称、▲=任知藩事前に本藩に併合。()内は移転・改称・併合後の藩名。()のないものは県に編入。