糸魚川藩

糸魚川藩(いといがわはん)は、越後国(現在の新潟県糸魚川市)に存在した。はじめ清崎城のち糸魚川陣屋に藩庁が置かれた。別称として清崎藩(きよさきはん)。

藩史

糸魚川は北陸道と千国街道(塩の道)の結節点で、軍事と交通の要衝であった。このため、糸魚川は松平忠輝(越後少将家)[1]の時には家老の松平信直、松平忠昌(福井松平家)の時には家老の稲葉正成松平光長(越後中将家)の時には家老の荻田氏(荻田長繁荻田長磐荻田本繁の3代)がそれぞれ清崎城(糸魚川城)に入っている。延宝9年(1681年)に光長が越後騒動で改易された後の元禄4年(1691年)、日向延岡藩から有馬清純(肥前有馬家)が5万石で入る。しかし清純は元禄8年(1695年)5月に越前丸岡藩へ移封され、糸魚川藩は廃藩となり、その所領は天領となる。

元禄12年(1699年)、本多助芳出羽村山藩より1万石で入り糸魚川陣屋を置く。だが、享保2年(1717年)に助芳は信濃飯山藩へ移封。

代わって越前松平家の松平直之が1万石で入った。この糸魚川藩の越前松平家は、福井藩松平光通の子・直堅を祖とする系統である。松平直堅は光通の唯一の男子であるにもかかわらず側室の子であったために家中の反対があり福井藩を継げず、これを哀れんだ幕府によって賄料1万俵が与えられ、以降代々定府で日向守を名乗っていたが、ここにおいて所領を与えられることになったのである。

糸魚川藩は享保末期から財政悪化が始まる。しかもそれに連鎖するように天災が相次いで財政は火の車となった。このため、藩は新税の設置や増税を行なったが、それが原因でさらなる領民の憤激を買う。

この事態打開のために文化11年(1814年)に重臣による改革が行なわれたが、この改革は農民からの搾取が主という根本的な解決策が無かったために失敗。そして文政2年(1819年)、遂に郡代・黒川九郎治の苛酷な御用金徴収に対して領民の怒りが爆発し、黒川騒動が起こった。おまけにペリー来航による海防問題によってさらに支出が増大し、財政難はいよいよ深刻なものとなった。

第7代藩主・松平直廉安政の大獄で家督を追われた松平慶永に代わって越前松平家を継ぐこととなる。このため、播磨明石藩から松平直静が第6代藩主・松平直春の養嗣子となって糸魚川藩の家督を継いだ。明治2年(1869年)の版籍奉還で直静は清崎藩知事となる。同年8月、糸魚川藩は正式に清崎藩と改められたが、同年は巳年の困窮とまで言われて林騒動や二歩金騒動が起こった。明治4年(1871年)の廃藩置県で、清崎藩は清崎県となった。

歴代藩主

有馬家

外様 5万石

  1. 有馬清純

本多家

譜代 1万石

  1. 本多助芳

松平(越前)家

親藩 1万石

  1. 松平直之
  2. 松平直好
  3. 松平堅房
  4. 松平直紹
  5. 松平直益
  6. 松平直春
  7. 松平直廉 後に越前福井本藩を継ぎ、茂昭(もちあき)と改める。
  8. 松平直静

幕末の領地

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 松平光長(越後中将家)と区別するため[越後少将家」と称される。

関連項目

先代
越後国
行政区の変遷
1699年 - 1871年 (糸魚川藩→清崎藩→清崎県)
次代
柏崎県(第2次)
大政奉還から廃藩置県までの間に存在した
慶応3年(1867年)旧暦10月 - 明治4年(1871年)旧暦7月
北海道地方
日本地図
東北地方
関東地方
北陸・甲信地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
関連項目
藩庁の置かれた地域を基準に分類しているが、他の地方に移転している藩もある。順番は『三百藩戊辰戦争事典』による。
明治期の変更: ★=新設、●=廃止、○=移転・改称、▲=任知藩事前に本藩に併合。()内は移転・改称・併合後の藩名。()のないものは県に編入。