福岡孝茂

 
凡例
福岡孝茂
時代 江戸時代 22後期 - 明治時代
生誕 文政10年(1827年
死没 明治39年(1906年12月25日
改名 孝茂→麗水(号)
別名 通称:宮内→健三
主君 山内豊熈豊惇豊信
土佐藩
氏族 福岡家
父母 父:福岡孝察
孝順
テンプレートを表示

福岡 孝茂(ふくおか たかしげ、文政10年(1827年) - 明治39年(1906年12月25日)は、江戸時代後期の土佐藩重臣。福岡家10代当主。

略歴

文政10年(1827年)、福岡孝察の子として高知城下本町に生まれた。福岡家は代々土佐藩家老職を務める家で、孝茂で10代目であり、3000石を領した。少壮の頃、鹿持雅澄に和漢の書を学ぶ。

13代藩主・山内豊熈を助け新政輔弼の功を挙げる。14代藩主・豊惇が幼少で死去し、豊信が藩主となるや、奉行として藩政を総轄する。部下に吉田東洋がいて十分手腕を振るわせた。文久2年(1862年)の東洋の横死後、藩人事に更迭があり、孝茂も一時免職となったが、重大政局に際し再び登用され、旧職に復帰した。

元治から慶応年間は藩兵を統轄して上京、清和院門を警護、維新後に引退する。

明治39年(1906年)12月25日死去、享年80。

逸話

福岡家は鹿持雅澄の『万葉集古義』の稿本を所蔵していたが、宮内省に上梓の計画があったため献納、宮内省はこれを正本として出版した。

出典

  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970 年。