石川県道60号金沢田鶴浜線

主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
石川県道60号標識
石川県道60号 金沢田鶴浜線
主要地方道 金沢田鶴浜線
実延長 61.550 km
6.535 km(一般区間)
55.015 km(有料区間)
制定年 1970年昭和45年)
開通年 1973年(昭和48年)
起点 武蔵交差点
石川県金沢市武蔵町)【北緯36度34分19.5秒 東経136度39分21.3秒 / 北緯36.572083度 東経136.655917度 / 36.572083; 136.655917 (県道60号起点)
主な
経由都市
河北郡内灘町かほく市羽咋郡宝達志水町羽咋市、羽咋郡志賀町
終点 徳田大津IC七尾市大津町)【北緯37度3分41.1秒 東経136度49分57.8秒 / 北緯37.061417度 東経136.832722度 / 37.061417; 136.832722 (県道60号終点)
接続する
主な道路
(記法)
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道17号標識
石川県道17号金沢港線
Japanese National Route Sign 0008.svg 国道8号
Japanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道8号標識
石川県道8号松任宇ノ気線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ■PJ道路

石川県道60号金沢田鶴浜線(いしかわけんどう60ごう かなざわたつるはません)は、石川県金沢市七尾市を結ぶ県道主要地方道)である。

金沢市粟崎から終点まではのと里山海道(旧・能登有料道路)として、金沢と能登地方を結ぶ主要幹線道路となっている。

概要

金沢市の武蔵交差点を起点に金沢駅西地区を経て、内灘町へ向かう。金沢駅西口の広岡交差点から金沢港交差点までの区間は、県内では珍しい片側3車線(両側6車線)で、横幅が約50mあるため、通称50メートル道路(けやき通り・駅西けやき通り)と呼ばれている。内灘町からはのと里山海道となり、羽咋市までは能登半島の海岸を進む。羽咋市からは能登半島中央部の丘陵地帯を抜け、終点の七尾市徳田大津ICに至る。

内灘町から羽咋市にかけて自転車道が並走しており、これも本路線の一部であったが、2013年3月に指定解除され石川県道326号金沢羽咋自転車道線と独立した県道となった。

路線データ

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
表示

歴史

のと里山海道」も参照

路線状況

別名

  • まめだ大通り(金沢市)
  • 駅西けやき大通り(金沢市)

重複区間

休憩施設

かつて有料だった区間

  • 金沢市粟崎町(大浜北交差点)- 徳田大津IC(能登有料道路時代)

地理

通過する自治体

交差する道路

沿線にある施設など

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  2. ^ “内灘白帆台インターチェンジ開通”. 日本放送協会. (2020年10月11日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/20201011/3020006222.html 2020年10月11日閲覧。 
  3. ^ 羽咋市と羽咋郡志賀町との間は市町境が入り組み、何度か越境する。

参考文献

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年
  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2009年

関連項目