柱廊

柱廊(ちゅうろう)またはストア (stoa) は、ギリシア建築の屋根のある通路またはポルチコであり、一般に公共建築で使われる。

概要

初期の柱廊は柱が建物の入口から左右に包むように並んで安全かつ保護された雰囲気を持ち、ドーリア式が普通である。

その後の例では柱は2列となり、内側のコロネードを支持する屋根があり、そこに店や事務所が並んでいた。

様式はイオニア式に変化していった。

これらの建築物は公共のものであり、商人が物を売ったり、芸術家が作品を展示したり、宗教的行事を行ったりすることができた。

柱廊は一般に大都市の市場を取り囲んでいた。

ストア派

哲学の学派であるストア派の名は、紀元前5世紀ごろからアテネアゴラの北辺にあった彩色柱廊(ストア・ポイキレ)でゼノンが演説したことにちなむ。

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、柱廊に関連するカテゴリがあります。
住宅の部屋・空間
共用部屋
個室
空間
納戸/
ユーティリティルーム/
倉庫
邸宅
部屋
(en)
  • アンダークロフト (en)
  • 応接間
    • パーラー (en)
  • 喫煙室 (en)
  • キッチン関連
    • スカラリー (en)
    • スティル・ルーム (en)
    • スパイサリー (en)
    • ソーサリー (en)
    • バタリー (en)
  • グレート・チェンバー (en)
  • グレート・ホール (en)
  • サーヴァンツ・ホール (en)
  • サーヴァンツ・クォーター (en)
  • 栽培
  • サウナ
  • ステート・ルーム (en)
  • ソーラー (en)
  • 図書館
  • 中庭
  • プール
  • ボールルーム (en)
  • ランバー・ルーム (en)
  • ロング・ギャラリー (en)
建具
建築意匠/
部位
住宅
関連項目
  • カテゴリ カテゴリー
  • コモンズ コモンズ
  • ポータル Housingポータル
ギリシャの旗 ギリシャの建築
古代-
様式
ビルディング
・タイプ
空間
意匠
部位
中近世-
  • ビザンティン建築
  • ゴシック建築
  • バロック建築
  • オスマン建築
  • バルカン半島のタワー・ハウス (en)
近現代-
  • 近現代のギリシア建築 (en)
歴史主義
  • アール・ヌーヴォー建築
  • イタリアネート様式 (en)
  • グリーク・リヴァイヴァル (en)
  • 新古典主義建築
  • ネオ・ビザンティン建築
  • ミケーネ・リヴァイヴァル建築 (en)
モダニズム
  • モダニズム建築
    • アテネのモダニズム建築 (en)
建築物
  • Category:古代ギリシャの建築物 (en)
  • Category:ギリシャの建築物
  • 一覧
    • 劇場 (en)
    • 神殿 (en)
    • (en)
    • 屋根 (en)
    • らせん階段 (en)
著名な建築物
建築関連
の文化財
組織
  • デロス会議 (en)
人物
  • Category:ギリシャの建築家
  • Category:ギリシャの都市計画家
関連項目
  • アンティパロチ (ギリシャ語版)
  • ネオグレック (en)
  • カテゴリ カテゴリ
  • コモンズ コモンズ
  • ポータル 建築ポータル
典拠管理 ウィキデータを編集
  • J9U: 987007536304405171
  • LCCN: sh85128173