意義と意味

意義と意味ドイツ語 22: Sinn und Bedeutung英語: Sense and reference)の区別は、ゴットロープ・フレーゲ1892年の論文「意義と意味について[1][2][3]」(Über Sinn und Bedeutung)で提起した言語哲学上の概念の区別。日本語では「意義とイミ[4]意義と指示対象[5][6]」などとも訳される。

フレーゲは同論文で「明けの明星」(: Morgenstern)と「宵の明星」(: Abendstern)という二つの名詞を例にとってこの区別を説明した。すなわち、どちらの名詞も同じ天体(金星)を指すという点で意味(Bedeutung)は同じだが、意義(Sinn)は異なると説明した[6]。フレーゲはこれを名詞だけでなくにも拡大適用した[6]

脚注

  1. ^ 土屋俊訳「意義と意味について」『現代哲学基本論文集 I』坂本百大編、勁草書房、1986年。ISBN 978-4-326-19876-4
  2. ^ 藤村竜雄訳「意義と意味について」『フレーゲ哲学論集』岩波書店、1988年。ISBN 4000020064
  3. ^ 土屋俊訳「意義と意味について」『フレーゲ著作集4 哲学論集』黒田亘野本和幸編、勁草書房、1999年。ISBN 978-4-326-14823-3
  4. ^ 飯田隆「2.3 意義 Sinn とイミ Bedeutung」『言語哲学大全1』勁草書房、1987年、ISBN 978-4-326-15200-1
  5. ^ 森本浩一 『デイヴィドソン 「言語」なんて存在するのだろうか』NHK出版〈シリーズ・哲学のエッセンス〉、2004年。ISBN 978-4140093146。 17頁。
  6. ^ a b c ジュリアン・バッジーニ;ピーター・フォスル著、長滝祥司;廣瀬覚訳 『哲学の道具箱』共立出版、2007年。ISBN 978-4320005730。 167ff頁。

関連項目

英語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。
On Sense and Reference
関連記事
重点分野
転回
論理
理論

反実在論 - オーストラリア実在論 - 指示の因果説 - 記述主義 - 情動説 - フェミニズム - 機能主義 - 論理的原子論 - 論理実証主義 - マルクス主義 - 神経哲学 - 日常言語学派 - プラグマティズム - キエティスム - 構造主義科学論 - 感覚与件

概念

分析(分析のパラドックス) - 分析と合成の区別 - 反事実的条件法 - 自然種 - 反射的均衡 - 付随性

モダリティ

アクチュアリズム - 形而上学的必然性 - 可能性 - 可能世界論 - 実在論 - 固定指示子

哲学者

ノーム・チョムスキー - ウィリアム・レーン・クレイグ - キース・ドネラン - ポール・ファイヤアーベント - ゴットロープ・フレーゲ - エドマンド・ゲティア - ヤーッコ・ヒンティッカ - ジュゼッペ・ペアノ - カール・ポパー - ネイサン・サーモン - ラス・シェーファー=ランダウ - アーネスト・ソーサ - バリー・ストラウド - アルフレト・タルスキ - ヤン・ウカシェヴィチ - マイケル・ウォルツァー - ニコラス・ウォルターストルフ

オーストラリア学派

デイヴィッド・マレット・アームストロング - デイヴィッド・チャーマーズ - J・L・マッキー - ピーター・シンガー - J・J・C・スマート

ケンブリッジ学派
オックスフォード学派
日常言語学派
論理実証主義

A・J・エイヤー - アーネスト・ナーゲル

ベルリン学団
ウィーン学団
ハーバード学派
ノートルダム学派

ロバート・アウディ - ピーター・ヴァン・インワーゲン - アルビン・プランティンガ

ピッツバーグ学派
プラグマティズム

スーザン・ハーク - ニコラス・レッシャー - モートン・ホワイト

プリンストン学派
キエティスム

ジェイムス・F・コナント - アリス・クラリー - コーラ・ダイアモンド

スタンフォード学派

ナンシー・カートライト - ジョン・デュプレ - ピーター・ガリソン - イアン・ハッキング - パトリック・サップス

  • カテゴリ Category
  • Symbol question.svg Index
言語の一覧
哲学者
理論
  • 指示の因果説
  • Contrast theory of meaning
  • Contrastivism
  • Conventionalism
  • クラテュロス主義
  • 脱構築
  • Descriptivism
  • Direct reference theory
  • Dramatism
  • 動的意味論
  • Expressivism
  • Inquisitive semantics
  • Linguistic determinism
  • Mediated reference theory
  • 唯名論
  • Non-cognitivism
  • Phallogocentrism
  • 関連性理論
  • Semantic externalism
  • Semantic holism
  • Situation semantics
  • 構造主義
  • Supposition theory
  • Symbiosism
  • Theological noncognitivism
  • Theory of descriptions (Definite description)
  • ユニテリアン主義
  • Verification theory
概念
関連項目
  • カテゴリー
  • Task Force
  • Discussion
執筆の途中です この項目は、哲学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(Portal:哲学)。