川上量生

かわかみ のぶお
川上 量生
川上 量生
生年月日 (1968-09-06) 1968年9月6日(54歳)
出生地 日本の旗 日本愛媛県
国籍 日本の旗 日本
職業 実業家
ジャンル アニメーション映画
実写映画
配偶者 須賀千鶴
主な作品

アニメーション映画


実写映画


テレビアニメ


書籍

  • 『ルールを変える思考法』(著)
テンプレートを表示

川上 量生(かわかみ のぶお、1968年9月6日 - )は、日本システムエンジニア実業家映画プロデューサー。公益財団法人角川文化振興財団理事長、株式会社KADOKAWA取締役、株式会社カラー取締役、株式会社バーチャルキャスト取締役会長[1]株式会社スタジオジブリ所属、株式会社ドワンゴ顧問、株式会社角川アスキー総合研究所顧問、学校法人角川ドワンゴ学園理事公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。愛称カワンゴ[2]

株式会社ソフトウェアジャパンでの勤務を経て、株式会社ドワンゴ代表取締役社長(初代)、株式会社カドカワ代表取締役社長(第2代)などを歴任した。

来歴

生い立ち

愛媛県生まれ、大阪府[3]和泉市育ち。中学生の頃は、アナログなボードゲームに夢中になっており、対戦相手とコミュニケーションを取りながら遊ぶ点に魅力を感じていた。また、同じく中学生の頃からパソコンショップに出入りするようになり、プログラミングを習得した。このころより、ボードゲームのような他者とのコミュニケーションをコンピュータゲーム上で実現したいと思うようになる。

京都大学工学部へ進学。また、学生サークルである「京都大学教育ソフト研究開発クラブ」に入部し、「LABO System 123」をはじめとするソフトウェアの開発に携わった。さらにフリーのプログラマとして、京都府内のソフトハウスからプログラミング業務を請け負うようになっていった。大学卒業後はソフトウェアジャパンに入社し、7年間のサラリーマン生活を経て独立を果たす。

実業家として

アメリカのInteractive Visual Systems CorporationとのジョイントベンチャーでIT関連企業ドワンゴを創業。創業には、当時マイクロソフトに居たジェイムズ・スパーン(のちドワンゴ取締役)とフリーソフト開発集団Bio_100%のリーダーだったaltyこと森栄樹(のちのドワンゴ相談役)の協力があった[4]。ドワンゴの代表取締役として社長や会長を歴任し、同社を東京証券取引所第一部に上場させるまでに成長させた。当初は「オンラインゲーム専門のゲーム会社」[5]として創業したものの、着メロなど携帯電話関連事業に進出したことから、同社は急成長を遂げた[5]

その後、スタジオジブリ鈴木敏夫と出会い、ドワンゴの会長のままスタジオジブリに入社[6]。スタジオジブリでは見習い扱いのため、無給である[7]2013年8月より、庵野秀明が率いる株式会社カラーの取締役に就任した[8]。また、角川ホールディングス(のちのKADOKAWA)においては当初は社外取締役として役員に就任していたが、2013年2月より同社の子会社の業務を担当することになったことにともない、社外取締役から通常の取締役となった[9][10][11]

2014年5月、ドワンゴとKADOKAWAの経営統合を発表し2014年10月に設立したKADOKAWA・DWANGO(現KADOKAWA)の代表取締役会長に就任、2015年5月に同社代表取締役社長に就任。2017年12月21日にドワンゴの代表取締役会長及びniconico運営責任者を退任し、CTOとなった[12]。2019年2月13日にドワンゴ社長荒木隆司の辞任に伴い[13]、カドカワの代表取締役社長およびドワンゴ取締役を退任し[14]、同日よりカドカワ取締役およびドワンゴ顧問となった。

馬主として

2017年1月、ドワンゴが運営するニコニコ生放送で公式番組「リアルダービースタリオン」開始[15]。ユーザーの投票やコメントを参考にして実際の競走馬繁殖牝馬を購入し、大井競馬場のレースに出走させるという長期企画である。企画開始時点のドワンゴ代表取締役社長であった川上名義で馬主登録を行い、レースに出走させている[16]

主な所有馬

  • シュシュブリーズ[17] - 2017年ジェイエス繁殖馬セールで購入。
  • オーバーザリミッツ[18] - 2017年HBA北海道トレーニングセールで購入。故障により未出走のまま引退。エクワインファームで乗馬となった。
  • ファニーフラッシュ[19] - 2018年千葉サラブレッドセールで購入。通算10戦1勝。引退後は売却され繁殖入り。
  • クールフォルテ[20] - シュシュブリーズの娘で2021年にデビュー。新馬戦から連勝して挑んだ東京2歳優駿牝馬では3着に入った。

家族・親族

2013年に経産官僚須賀千鶴と結婚した[21]。1児の父親である[22][23]

山本一郎に対する名誉毀損

2018年4月、漫画やアニメが違法にアップロードされた「海賊版サイト」が社会問題となり、政府が国内の通信事業者(プロバイダ)に対して、ブロッキングを促す決定をするという出来事があった[24]。この政府の動きをめぐって、弁護士や法学者から批判の声があがった[24]。こうした状況の下、山本氏は4月18日、ブログで、海賊版サイトの一つ「漫画村」など違法サイトへの広告配信の問題を取り上げた[24]。大手アダルト会社「DMM」など、広告配信を担当していた数社が、漫画村関連サイトへの営業を実施していたことを指摘した[24]。さらに、DMM社長の談話として、「DMMの予算規模からみると広告費は小さい額であり、媒体まですべてチェックしきれておらず、気がつくのに遅れたことは、社長としての自分の責任です」と説明していることを紹介した[24]。その後、山本は4月22日、都内で開催されたブロッキングに関するシンポジウムに出席して、「アダルト系D社」の漫画村への単体の広告出稿が「月350万円」と述べたうえで、「アダルト系でDがつく会社というとあまり多くはないと思われますが」と発言した[24]。川上氏は、このシンポジウムの出席者がつぶやいたツイッターを読んで、「山本一郎氏は、普段、根拠のない憶測を知ったかぶりで書いているだけなので、たまに根拠のあるときはつい嬉しくなってしまって相手のことなど考えずに情報源をばらしてしまう人間だということです」と投稿[24]。山本はこれを名誉棄損であるとして損害賠償500万円をもとめた訴訟をおこした[24]

東京地裁は2021年3月26日、「川上が山本に対してツイッター上の投稿で名誉を傷つけた。」として原告の主張を一部認め、川上に10万円の支払いを命じる判決を下した[24][25]

略歴

作品

アニメーション映画

実写映画

テレビアニメ

WEBアニメ

著書

  • 『ルールを変える思考法』KADOKAWA、角川EPUB選書 2013年。ISBN 9784040800035
  • 『角川インターネット講座(4)ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代』KADOKAWA、2014年。ISBN 9784046538840
  • 『コンテンツの秘密-ぼくがジブリで考えたこと』NHK出版新書、2015年。ISBN 9784140884584
  • 『鈴木さんにも分かるネットの未来』岩波新書、2015年。ISBN 9784004315513

共著

  • 『別冊思想地図β ニコ生対談本シリーズ メディアを語る』東浩紀編著,宇川直宏,濱野智史共著 コンテクチュアズ 2012
  • 4Gamer.net編集部共著『ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!』KADOKAWA、2015年。ISBN 9784048120029
  • 『ネットが生んだ文化 (カルチャー) 誰もが表現者の時代』監修 KADOKAWA 角川インターネット講座 2014
  • 『ニコニコ哲学-川上量生の胸のうち』加藤貞顕聴き手 日経BP社、2014年 ISBN 9784822250515

出演

  • 宮崎吾朗監督に聞く「このままじゃ終われない宿命を受け入れあえて挑む」(2011年7月8日、朝日新聞朝刊全面広告8、9面、映画・コクリコ坂から宮崎吾朗と対談)

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ “新任取締役会長就任のお知らせ” (日本語). VirtualCast Blog (2020年10月12日). 2020年10月28日閲覧。
  2. ^ http://engineer-hack.com/person/dwango/ 株式会社ドワンゴ 代表取締役会長 川上量生氏
  3. ^ 『ドワンゴ会長「ネットで“お茶の間”復活を」/佐賀のニュース :佐賀新聞の情報サイト ひびの』佐賀新聞、2008年10月11日。 オリジナルの2017年3月13日時点におけるアーカイブ。https://web.archive.org/web/20170313225044/http://www1.saga-s.co.jp/news/saga.0.1074218.article.html 
  4. ^ ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語 (アスキー新書)
  5. ^ a b TAITAI「『今のオンラインゲームは気に入らない』――ドワンゴの川上氏と麻生氏が語るニコ動、そしてネットサービス」『4Gamer.net ― 「今のオンラインゲームは気に入らない」――ドワンゴの川上氏と麻生氏が語るニコ動,そしてネットサービス』Aetas、2009年11月21日
  6. ^ TAITAI「ジブリは決して続編を作らない有名ゲームスタジオのようなもの――スタジオジブリに入社したドワンゴの川上量生氏が見た、国内最高峰のコンテンツ制作の現場とは」『4Gamer.net ― ジブリは決して続編を作らない有名ゲームスタジオのようなもの――スタジオジブリに入社したドワンゴの川上量生氏が見た,国内最高峰のコンテンツ制作の現場とは』Aetas、2011年6月29日
  7. ^ 宮本真希「ニコ動とジブリは『サブカル界の正反対』――ドワンゴ川上会長、2足のわらじで見つめる未来」『ニコ動とジブリは「サブカル界の正反対」 ドワンゴ川上会長、2足のわらじで見つめる未来 (3/3) - ねとらぼ』アイティメディア2011年7月6日
  8. ^ ドワンゴ川上会長、ジブリの次は「エヴァ」の謎 - 庵野秀明氏代表のカラー取締役に就任 『日本経済新聞 ー ドワンゴ川上会長、ジブリの次は「エヴァ」の謎 ・ 庵野秀明氏代表のカラー取締役に就任』2013年8月24日
  9. ^ 『第59期定時株主総会招集ご通知』2013年6月3日、12頁。
  10. ^ 『第59期定時株主総会招集ご通知』2013年6月3日、14頁。
  11. ^ 「会社概要」『株式会社KADOKAWA 企業情報|企業情報・グループ企業情報』KADOKAWA
  12. ^ ドワンゴ・川上量生会長の退任を発表,ねとらぼ,2017年12月21日
  13. ^ “カドカワの社長退任や『シン・ゴジラ』の舞台裏、そして教育事業に賭ける情熱とは?──川上量生・特別インタビュー” (日本語). 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?. 2021年1月17日閲覧。
  14. ^ “特別損失の計上及び通期業績予想の修正、グループ経営体制刷新に伴う会社分割の実施、孫会社の異動、並びに代表取締役及び取締役の異動に関するお知らせ”. カドカワ. 2019年2月13日閲覧。
  15. ^ “『リアルダービースタリオン』が2017年よりスタート! “競走馬育成”を現実の競馬でリアルに再現” (日本語). ファミ通.com. 2022年1月26日閲覧。
  16. ^ “ネット動画サイトで人気に【新ひだか】 | 北海道ニュースリンク”. www.hokkaido-nl.jp. 2022年1月26日閲覧。
  17. ^ “シュシュブリーズ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2022年1月26日閲覧。
  18. ^ “オーバーザリミッツ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2022年1月26日閲覧。
  19. ^ “ファニーフラッシュ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2022年1月26日閲覧。
  20. ^ “クールフォルテ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2022年1月26日閲覧。
  21. ^ 週刊現代「角川ドワンゴ・川上会長の妻ほか。実名公開! 『霞が関の有名キャリア官僚』を紹介します――総務省の『筋肉マン』とんでもない天才、超絶美人も歩いている」『角川ドワンゴ・川上会長の妻ほか。実名公開!「霞が関の有名キャリア官僚」を紹介します(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)』講談社2015年5月4日
  22. ^ 川口穣 (20181024T160000+0900). “「子どもはコミュ障に育ってほしい」川上量生・カドカワ社長の独自教育論 〈AERA〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). https://dot.asahi.com/aera/2018102300025.html 2018年11月30日閲覧。 
  23. ^ 「ドワンゴ川上会長の育休取得と、妻との平穏な家庭生活のコツ【みんなの保育の日】 - スゴいい保育|保育の必要な未来といまの声を届けます」『スゴいい保育|保育の必要な未来といまの声を届けます』。2018年11月30日閲覧。
  24. ^ a b c d e f g h i “山本一郎氏に対する「名誉毀損」で川上量生氏に賠償命令 どの投稿がマズかった? - 弁護士ドットコムニュース” (日本語). 弁護士ドットコム. 2022年10月2日閲覧。
  25. ^ “山本一郎氏に対する「名誉毀損」で川上量生氏に賠償命令(弁護士ドットコムニュース)” (日本語). LINE NEWS. 2022年10月3日閲覧。
  26. ^ “第4期定時株主総会招集ご通知、32頁”. カドカワ株式会社. 2018年5月25日閲覧。

関連項目

外部リンク

  • 続・はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記 - ブログ
  • はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記 - 旧ブログ
  • 川上量生 (@gweoipfsd) - Twitter
  • 川上量生 - allcinema ウィキデータを編集
  • Nobuo Kawakami - IMDb(英語) ウィキデータを編集
  • 川上量生 - KINENOTE ウィキデータを編集
  • 川上量生 - 映画.com ウィキデータを編集
  • 川上量生 - オリコン
  • 川上量生 - 文化庁日本映画情報システム
ビジネス
先代
佐藤辰男
KADOKAWA・DWANGO(現・KADOKAWA)社長
第2代:2015年 - 2019年
次代
松原眞樹
先代
(新設)
KADOKAWA・DWANGO会長
初代:2014年 - 2015年
次代
佐藤辰男
先代
杉本誠司
ニワンゴ社長
第2代:2006年 - 2007年
次代
杉本誠司
先代
(新設)
ドワンゴ社長
初代:1997年 - 2000年
次代
小林宏
KADOKAWA / KADOKAWAグループ
取締役
Kadokawa logo.svg
ブランド
連結子会社
持分法適用会社
学校法人角川ドワンゴ学園
関連人物
関連項目
スタジオカラー
テレビアニメ
劇場アニメ
Webアニメ
実写映画
関連項目
主要人物
関連企業・団体
スタジオジブリ
作品
アニメ
長編
短編
ゲーム
実写
人物
責任者
監督経験者
在籍経験者
関連作品
関連施設
関連会社
執筆の途中です この項目は、人物に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:人物伝、Portal:人物伝)。
典拠管理 ウィキデータを編集
  • CINII: DA17949479
  • LCCN: n2015014559
  • NDL: 001150897
  • NTA: 397689624
  • VIAF: 305383627
  • WorldCat Identities: lccn-n2015014559