富士見書房

曖昧さ回避 富士見出版社 22」あるいは「富士美出版」とは異なります。
KADOKAWA > 富士見書房
富士見書房
Fujimi Shobo.png
前身 株式会社富士見書房
現況 KADOKAWAブランド
設立日 2013年10月1日
主要出版物 富士見ファンタジア文庫
富士見L文庫
ドラゴンノベルス
定期刊行物 月刊ドラゴンエイジ
ドラゴンマガジン
テンプレートを表示

富士見書房ふじみしょぼうは、日本出版社KADOKAWAブランドの一つ。

1972年株式会社富士見書房(初代)として設立され、その後の4度の組織再編を経て、現在に至っているが、本項では一体的に解説する。

なお、辰巳出版傘下の「富士美出版」とは何の関係もない[1]

歴史

関連会社の統廃合図

株式会社富士見書房(初代法人)

1972年角川書店(現・KADOKAWA)の教科書の自習書の編集・出版を目的として株式会社富士見書房が設立された。社名は、角川グループの拠点である東京都千代田区富士見に由来する。

1986年俳句雑誌『俳句研究』を買収し2007年まで刊行していた経緯から、俳句関係の書籍も発行していた[注 1]

1976年にWILD COMICSというレーベルからつのだじろうによるコミカライズ版『八つ墓村』『犬神家の一族』『悪魔の手毬唄』を刊行。1977年官能小説の『富士見ロマン文庫』を創刊。1980年に『ポップティーン』を創刊。1981年に『時代小説文庫』を創刊。1988年に『ドラゴンマガジン』を創刊。

昭和末期から平成初頭にかけてアダルトアニメくりいむレモン』シリーズのノベライズを数多く手がけた『富士見文庫』(富士見美少女文庫)を刊行し、平成期以降に発展したジュブナイルポルノというジャンル自体の端緒を開いたといわれている[2]が、現在このジャンルには展開していない。

角川書店 富士見事業部(通称:富士見書房)

1991年に角川書店へ吸収合併され、同社富士見事業部となる。「富士見書房」はその通称となる(社内カンパニー)。以降は、富士見ファンタジア文庫を中心とするライトノベル関係の書籍とそのメディアミックス展開が売上の中心となっている。1997年より『モンスター・コレクション』等のトレーディングカードゲーム事業に着手し、市場にコンテンツを提供している。

株式会社富士見書房(2代目法人)

旧会社情報
株式会社富士見書房
FUJIMI SHOBO CO., LTD.
Fujimi Shobo.png
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
102-0071
東京都千代田区富士見二丁目13番3号
角川第2本社ビル
設立 2005年10月3日
業種 情報・通信業
事業内容 出版・編集業
代表者 代表取締役社長 山下直久
資本金 2億5000万円
売上高 43億1500万円(2012年3月期実績)
従業員数 41名(2012年4月現在)
主要株主 角川グループホールディングス 100%
特記事項:2013年にKADOKAWAへ吸収合併、ブランドカンパニー化
テンプレートを表示

2005年10月1日、合併前と同じく株式会社富士見書房(FUJIMI SHOBO CO., LTD.)として独立会社となる。ただし販売機能は変わらず角川書店にあり、後述の漫画雑誌から出される単行本は富士見書房発行、発売は2006年までは角川書店、2007年以降は角川グループパブリッシング(KGP)名義となっている。営業部門も独自には持たずKGPに委託しているが、広告上では富士見のみでKGPの名前は表記していない。しかし、2008年から『角川コミックスドラゴンJr.(ジュニア)[注 2](現 ドラゴンコミックエイジ)のカバー裏では、「発行 富士見書房[注 3] 販売元 角川グループパブリッシング[注 4]と表記されるようになった。

2012年に創立40周年を迎えた。

株式会社KADOKAWA 富士見書房

2013年10月1日、KADOKAWAに吸収合併され、ブランドカンパニーとなった[3]。この時点で各種カバー裏にあった「富士見書房」の表記が消滅し、単に「KADOKAWA」のみとなる。

その後2015年4月1日にブランドカンパニーが廃止され、富士見書房はKADOKAWAのブランドとなった[4]。自前の電子配信サイトの終了が相次ぐ。

2019年8月7日、ドラゴンエイジのサイトが開設し、富士見書房が持つレーベルは全て独自のドメインが入ったサイトに移行(リニューアル)した。これに伴い、富士見書房のサイトは各レーベルのリンクが記載されているだけの状態となり事実上閉鎖した[注 5]

2021年8月17日、KADOKAWAオフィシャルサイト内の富士見書房のブランドページが閉鎖[5]

主な雑誌

ライトノベル雑誌

月刊ライトノベル雑誌であったが、2008年に隔月刊化。

漫画雑誌

月刊コミックドラゴン月刊ドラゴンジュニアを統合して2003年4月に創刊。
月刊ドラゴンエイジの増刊として2017年9月創刊。2019年12月に現在の誌名に改称・リニューアルしている。
3月・6月・9月・12月発売の雑誌。誌名ロゴには「DAEX(DRAGON AGE EXTRA)」も併記されている。

かつて発行していた雑誌

主なサイト

  • 富士見書房公式TRPG ONLINE
TRPGのオンラインセッション支援用SNS。2012年11月6日開設[注 6]。なお、富士見やKADOKAWAが関与していない「TRPG Online」という名前のサイトが既に存在しており、混同を避けるためこちらでは富士見書房の冠が付く。
2014年8月31日にプレミアム会員とセッション機能が終了したものの、新たにリプレイとシナリオ投稿機能が追加された。2017年8月31日にSNSは終了し、以降は富士見ドラゴンブックを中心とした、富士見書房ブランド刊行のTRPGの紹介サイトとなる。
  • ファンタジアBeyond
オンライン小説サイト。2014年3月7日開設。2016年6月30日最終更新。以降はカクヨムの富士見ファンタジア文庫ページにて引き継がれる。

主な書籍

レーベル

絶版

小説
漫画

主なゲーム

以下のゲームは展開を終了している。

ラジオ番組

脚注

注釈

  1. ^ めぼしいものはない。『俳句研究』は一度休刊した後、角川・エス・エス・コミュニケーションズを経て角川マガジンズより刊行されているが、再度休刊となる。
  2. ^ 月刊ドラゴンエイジ等に連載されている作品の単行本にあたる。
  3. ^ 実質的な発行元は角川書店。
  4. ^ 2013年6月にKADOKAWAに社名変更されてからは表記なし。
  5. ^ 「富士見書房公式TRPG ONLINE」へのリンクはこの跡地にないが、富士見書房の名のついたままその後も独自に更新が続いている。
  6. ^ 当初はFan+をプラットフォームとしていたが、2013年6月28日より独立した。

出典

  1. ^ 庄司卓完全攻略本 リーダーズルーム Q&A 0006
  2. ^ 『教科書が教えない富士見書房の歴史』
  3. ^ 【東証開示】連結子会社の吸収合併並びに商号及び定款の一部変更に関するお知らせ (PDF) - 角川グループホールディングス、2013年3月28日
  4. ^ KADOKAWA社内カンパニー制廃止 「角川書店」「富士見書房」、組織名から消える - ITmedia、2015年4月16日
  5. ^ “KADOKAWAオフィシャルサイト内 各ブランドページについてのお知らせ”. KADOKAWA (2021年8月17日). 2021年8月31日閲覧。

外部リンク

  • 公式サイト(現在は各レーベルのリンクが貼られているのみ)
  • 富士見書房公式TRPG ONLINE
  • FUJIMISHOBO01 - YouTubeチャンネル(2010年から2015年までのPV公開先)
角川書店角川マガジンズ角川学芸出版富士見書房
アニメ雑誌
ライトノベル誌
メディアミックス誌
少年・青年漫画誌
少女・女性漫画誌
  • ASUKA
  • CIEL
  • エメラルド
文庫
コミックス
テレビ情報誌
都市情報誌
その他
休・廃刊誌
休・廃刊文庫
関連企業
KADOKAWA / KADOKAWAグループ
取締役
Kadokawa logo.svg
ブランド
連結子会社
持分法適用会社
学校法人角川ドワンゴ学園
関連人物
関連項目
基本ルールブック
  • プレイヤーズ・ハンドブック
  • ダンジョンマスターズ・ガイド
  • モンスター・マニュアル
  • ゲームプレイ
    キャンペーンセッティング
    存在の諸次元界
    アドベンチャー
    TSR期
    WotC期
    関連ゲーム
    d20システム
    ボードゲーム
    英語版
    • Dungeon!
    • スリードラゴン・アンティ
    • キャッスル・レイヴンロフト・ボードゲーム
    • ラス・オブ・アシャーダロン
    コンピュータゲーム
    映像化作品
    関連人物
    (デザイナー)
    TSR期
    WotC期
    関連人物
    (その他)
    イラスト
    小説
    日本
    関連項目
    英語版
    • D&Dインサイダー
    • D&D Beyond
    • Critical Role
    関連企業
    日本
    関連雑誌
    • ダンジョン
    • ドラゴン
    • ポリヘドロン
    日本
    • カテゴリ カテゴリ
    典拠管理 ウィキデータを編集
    • NDL: 00375893
    • VIAF: 256199218
    • WorldCat Identities: viaf-256199218