安志藩

旧安志藩陣屋表門

安志藩(あんじはん)は、播磨国 22宍粟郡周辺を領有した譜代大名。藩庁として安志(兵庫県姫路市安富町安志)に安志陣屋が置かれた。

略史

安志藩は小笠原秀政の長男・忠脩の家系であり、本来は小笠原家の嫡流である。しかし、忠脩が大坂の陣で戦死した際、遺児長次が幼年であったため、忠脩の弟・忠真が相続し、忠真の家系が小笠原家の宗家に据えられた。長次は忠真の下で養育された[注釈 1]。10歳を越えると播磨国龍野藩6万石に封じられ、翌年元服、数年後に豊前中津藩8万石に加増移封となる。

享保元年(1716年)、中津藩第5代藩主・小笠原長邕が5歳で夭逝し無嗣改易となったが、弟の長興は「祖先の勤労」(大坂の陣で家祖である秀政・忠脩父子が戦死)により安志に1万石で立藩を認められた。

藩祖・長興は生来病弱だったため、19歳で隠居する。しかし継嗣がいなかったため、小倉藩第3代藩主・小笠原忠基の次男・長逵を第2代藩主に迎えた。このため以後は、小倉藩の支藩の如く扱われるようになった。

なお、小笠原家はかつて信濃国守護だったため、初代以外の藩主は代々「信濃守」を名乗った。

明治4年(1871年)、廃藩置県により安志県となった。その後、姫路県・飾磨県を経て兵庫県に編入された。

藩主家は華族に列し、明治17年(1884年)に子爵となった。

歴代藩主

小笠原家紋
小笠原家

譜代。1万石。(1716年 - 1871年)

氏名 官位 在職期間 享年 備考
1 小笠原長興
おがさわら ながおき
享保元年 - 享保15年
1716年 - 1730年
75 父は豊前中津藩4代藩主の小笠原長円
2 小笠原長逵
おがさわら ながみち
従五位下
信濃守
享保16年 - 明和7年
1731年 - 1770年
58 実父は豊前小倉藩3代藩主の小笠原忠基
3 小笠原長為
おがさわら ながため
従五位下
信濃守
明和7年 - 天明2年
1770年 - 1782年
38
4 小笠原長禎
おがさわら ながよし
従五位下
信濃守
天明2年 - 文政6年
1782年 - 1823年
45
5 小笠原長武
おがさわら ながたけ
従五位下
信濃守
文政6年 - 天保10年
1823年 - 1839年
30
6 小笠原貞幹
おがさわら さだよし
従五位下
信濃守
天保10年 - 万延元年
1839年 - 1860年
39 万延元年(1860年)に豊前小倉藩主となる。
7 小笠原貞孚
おがさわら さだざね
従五位下
信濃守
万延元年 - 明治4年
1860年 - 1871年
56

幕末の領地

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 長次の実母の亀姫は、忠脩の戦死後に徳川家康の命により忠真と再婚している。

出典

参考文献

ウィキメディア・コモンズには、安志藩に関連するカテゴリがあります。
先代
播磨国
行政区の変遷
1716年 - 1971年 (安志藩→安志県)
次代
姫路県
大政奉還から廃藩置県までの間に存在した
慶応3年(1867年)旧暦10月 - 明治4年(1871年)旧暦7月
北海道地方
日本地図
東北地方
関東地方
北陸・甲信地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
関連項目
藩庁の置かれた地域を基準に分類しているが、他の地方に移転している藩もある。順番は『三百藩戊辰戦争事典』による。
明治期の変更: ★=新設、●=廃止、○=移転・改称、▲=任知藩事前に本藩に併合。()内は移転・改称・併合後の藩名。()のないものは県に編入。