大田原藩

大田原藩(おおたわらはん)は、下野国那須郡に存在した。藩庁は大田原城(現在の栃木県大田原市)に置かれた。

藩史

[全画面表示]
関連地図(栃木県那須地方周辺)[注釈 1]

大田原氏は下野国の大名那須氏に属する豪族衆・那須七党(那須七騎)の一つであった。

天正18年(1590年)、豊臣秀吉小田原征伐のとき、主家の那須氏は小田原に参陣しなかったが、大田原晴清は小田原に参陣したため、7000余の所領を安堵された。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで、晴清は東軍に与して下野国小山に参じた後、帰国して会津上杉家(西軍)の動きに備えた。この戦功により戦後、徳川家康から5000石を加増され、1万2000石を領する大名となった。

第3代藩主・高清は弟の為清に1000石を分知し、以後の表高は1万1000石となった。大田原家は小藩ながら、外様大名として明治時代まで存続した。

幕末嘉永3年(1850年)、第12代藩主・広清は、藩校「時習館」を開いた。

最後の藩主・一清戊辰戦争において新政府軍についた。このため、地理的に東北に近いこの地は旧幕府方の東北諸藩に狙われることとなった。慶応4年(1868年)5月、城下会津藩の攻撃を受け大田原城も焼失した。

明治4年(1871年)、廃藩置県により大田原県となる。その後、宇都宮県を経て栃木県に編入された。

大田原家は明治2年(1869年)の版籍奉還とともに華族に列し、明治17年(1884年)の華族令により子爵となった。

歴代藩主

大田原家

外様 1万2000石→1万1000石

  1. 晴清
  2. 政清
  3. 高清 分知により1万1000石
  4. 典清
  5. 純清
  6. 清信
  7. 扶清
  8. 友清
  9. 庸清
  10. 光清
  11. 愛清
  12. 広清
  13. 富清
  14. 一清

幕末の領地

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 赤丸は本文内で藩領として言及する土地。青丸はそれ以外。黒文字は本文内で言及する土地。灰文字はそれ以外。

出典

先代
下野国
行政区の変遷
1600年 - 1871年 (大田原藩→大田原県)
次代
宇都宮県
大政奉還から廃藩置県までの間に存在した
慶応3年(1867年)旧暦10月 - 明治4年(1871年)旧暦7月
北海道地方
日本地図
東北地方
関東地方
北陸・甲信地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
関連項目
藩庁の置かれた地域を基準に分類しているが、他の地方に移転している藩もある。順番は『三百藩戊辰戦争事典』による。
明治期の変更: ★=新設、●=廃止、○=移転・改称、▲=任知藩事前に本藩に併合。()内は移転・改称・併合後の藩名。()のないものは県に編入。