ユーロビジョン・ソング・コンテストの参加国一覧

ユーロビジョン初参加の年代を示した地図:
  1950年代
  1960年代
  1970年代
  1980年代
  1990年代
  2000年代
  2010年代

     1961年から1991年までユーゴスラビア社会主義連邦共和国の一部として参加
     1992年から2005年までユーゴスラビア連邦共和国およびセルビア・モンテネグロの一部として参加
     2005年から2007年までセルビア共和国の一部として参加
参加回数に対する決勝進出回数の割合(2004〜2021年)
Dan Ar Braz、1996年にフランス代表として参加し、ブルトン語で歌った。
ヤリ・シッランパー、大会で初めて準決勝が導入された2004年、フィンランドを代表して参加し、決勝に進出できなかった。
ルージャ・マグドルナセルビアヴォイヴォディナ出身で、ハンガリーを代表して2007年大会に参加した[1]
Lys Assia、ユーロビジョンの初の優勝者、2008年大会にゲストとして招かれる。

本稿は、ユーロビジョン・ソング・コンテストの参加国一覧である。

1956年にこの催しが始まって以来、2017年までに52箇国が大会に参加してきている。このうち、27箇国が優勝を経験している。大会は欧州放送連合(EBU)の主催により、加盟放送局と共同で毎年開催されてきている。各国の放送局は自国代表の楽曲とアーティストを選出して大会に送り込み、大会を自国向けに放送し、他国の参加者に票を投ずることで優勝者が決定される。

大会への参加は、全てのEBU加盟放送局に対して開かれている。EBUの加盟局となれるのは、欧州放送地域(European Broadcasting Area)の域内にあるか、欧州評議会の加盟国に属する放送局とされている[2]。大会名称には「ユーロ」の語が含まれているが、地理学的にヨーロッパに属する必要はなく、また欧州連合とも直接の関連はない。実際に、地理学的には西南アジアに属するイスラエルキプロスアルメニアはそれぞれ1973年大会1981年大会2006年大会より、北アフリカに属するモロッコ1980年大会で大会に参加しており、トルコ1975年大会以降)、ロシア1994年大会以降)、グルジア2007年大会以降)、アゼルバイジャン2008年大会以降)、オーストラリア2015年大会以降)などの大州をまたいだ国々も参加している。このほかに西アジアのレバノンと北アフリカのチュニジアが大会参加を模索したことがある。2009年には、ペルシア湾の国カタールが2011年の大会参加への興味を示している[3]

参加国の数は急速に増加を続け、1956年には7箇国であったものが1980年代の末には20箇国以上に膨れ上がった。参加する国の数が増えるにしたがって、大会をより多くの国に開かれたものとするための予選や参加制限が導入されるようになった。1993年大会では、初めて大会への参加を試みる旧東側からの参加国に対しては予選として、クヴァリフィカツィヤ・ザ・ミルストリート(ミルストリートへの道)が導入された[4]。1994年以降は、参加制限が導入されるようになり、大会順位で最下位から6箇国は翌年の大会には参加できなくなった[5]。1996年のルールでは、参加する29箇国全てが参加曲のオーディオテープを提出し、各国の審査員による審査で上位22箇国となったもののみが本大会に参加できる制度をとった。大会の主催国であったノルウェーは審査員投票で落選し、本大会に進むことはできなかった[6]。1997年から2001年までは、過去5年間の大会成績が下位であった国々は参加できない仕組みとなった。このため、国によっては2年以上連続で大会に参加できない可能性もあった[7]

2001年から2003年には、1994年から1995年と同様の参加制限が設けられた。そして2004年には準決勝が導入された。この時は、前年大会で上位10箇国に入った国々は、欧州放送連合への資金拠出額が大きい「Big 4」(フランス、スペイン、ドイツ、イギリス)と共に、自動的に決勝進出となることが保障された。このほかに10箇国が準決勝を経て決勝に進み、決勝には合計24箇国が参加する方式が採られた[8]。2008年からは準決勝が2つに分けて行われるようになり、主催国と「Big 4(2011年からはイタリアの復帰により「Big 5」となった)」以外はすべて準決勝からの参加となった[9]

ドイツやイギリスのような国々はほぼすべての大会に参加しており、参加回数が非常に多い反面、モロッコは1回しか参加していない。チュニジアとレバノンは参加を模索していたが断念し、実際には参加したことはない。リヒテンシュタインには欧州放送連合に加盟する放送局がないため、1976年に参加を試みたが失敗に終わっている[10]

参加国

以下に掲げる表は、過去に1回以上大会に参加したことのある国の一覧である。網掛けとなっている国は大会への参加を中止している国である。モロッコは1980年大会のみ参加している。ルクセンブルクは、初回大会に参加した7箇国の一つであるが、1993年以降大会には参加していない。イタリア放送協会(RAI)は、大会参加に必要な資金や才能ある人材をサンレモ音楽祭に集中させることを選び[11]、1997年以降大会に参加していなかったが、2011年に復帰した[12]。スロバキアは1994年から1998年まで参加した後、長年にわたる休止状態にあったが、2009年大会で復帰した[13]。しかしながら、スロバキアは2013年に出場を休止[14]して以来、2017年まで出場していない。モナコは20年以上におよぶ休止を脱して2004年に大会に復帰したが、その後3年連続での準決勝敗退を喫し、再度不参加となった[15]ユーゴスラビア社会主義連邦共和国およびセルビア・モンテネグロはそれぞれ1991年と2006年に解体され、現存しない。1991年のユーゴスラビア崩壊後、1992年にはセルビアとモンテネグロのみから成るユーゴスラビア連邦共和国として大会に参加しており、これがユーゴスラビアとしての最後の参加となった。セルビアとモンテネグロは2007年からはそれぞれ独立国として個別に大会に参加している[16]

初参加 直近の参加 参加回数 決勝進出回数 優勝回数 放送局[17]
アルバニアの旗 アルバニア 2004 2022 18 10 0 RTSH
アンドラの旗 アンドラ 2004 2009 6 0 0 RTVA
アルメニアの旗 アルメニア 2006 2022 14 11 0 AMPTV
オーストラリアの旗 オーストラリア 2015 2022 7 6 0 SBS
オーストリアの旗 オーストリア 1957 2022 54 47 2 ORF
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 2008 2022 14 13 1 İTV
ベラルーシの旗 ベラルーシ 2004 2019 16 6 0 BTRC
ベルギーの旗 ベルギー 1956 2022 63 53 1 VRT (オランダ語)
RTBF (フランス語)
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ 1993 2016 19 18 0 BHRT
ブルガリアの旗 ブルガリア 2005 2022 14 5 0 BNT
クロアチアの旗 クロアチア 1993 2022 27 18 0 HRT
キプロスの旗 キプロス 1981 2022 38 31 0 CyBC
チェコの旗 チェコ 2007 2022 10 4 0 ČT
デンマークの旗 デンマーク 1957 2022 50 44 3 DR
エストニアの旗 エストニア 1994 2022 27 17 1 ERR
フィンランドの旗 フィンランド 1961 2022 55 47 1 Yle
フランスの旗 フランス 1956 2022 64 64 5 RTF (1956–1964)
ORTF (1965–1974)
TF1 (1975–1981)
Antenne 2 (1983–1992)
France Télévisions (1993–現在)
ジョージア (国)の旗 ジョージア 2007 2022 14 7 0 GPB
ドイツの旗 ドイツ 1956 2022 65 65 2 HR (1956–1978) (ARD)
BR (1979–1991) (ARD)
MDR (1992–1995) (ARD)
NDR (1996–現在) (ARD)
ギリシャの旗 ギリシャ 1974 2022 42 40 1 ERT (1974–2013, 2016–現在)
NERIT (2014–2015)
ハンガリーの旗 ハンガリー 1994 2019 17 14 0 MTVA
アイスランドの旗 アイスランド 1986 2022 34 27 0 RÚV
アイルランドの旗 アイルランド 1965 2022 55 45 7 RTÉ
イスラエルの旗 イスラエル 1973 2022 44 37 4 IBA (1973–2017)
KAN (2018–現在)[18]
イタリアの旗 イタリア 1956 2022 47 47 3 RAI
ラトビアの旗 ラトビア 2000 2022 22 10 1 LTV
リトアニアの旗 リトアニア 1994 2022 22 15 0 LRT
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク 1956 1993 37 37 5 CLT
マルタの旗 マルタ 1971 2022 34 26 0 PBS
モルドバの旗 モルドバ 2005 2022 17 12 0 TRM
モナコの旗 モナコ 1959 2006 24 21 1 TMC
モンテネグロの旗 モンテネグロ 2007 2022 12 2 0 RTCG
モロッコの旗 モロッコ 1980 1980 1 1 0 SNRT
オランダの旗 オランダ 1956 2022 62 53 5 NTS (1956–1969)
NOS (1970–2009)
TROS (2010–2013)
AVROTROS (2014–現在)
きたまけとにあ北マケドニアの旗 北マケドニア 1998 2022 21 9 0 MKRTV
ノルウェーの旗 ノルウェー 1960 2022 60 57 3 NRK
ポーランドの旗 ポーランド 1994 2022 24 15 0 TVP
ポルトガルの旗 ポルトガル 1964 2022 53 44 1 RTP
ルーマニアの旗 ルーマニア 1994 2022 22 19 0 TVR
ロシアの旗 ロシア 1994 2021 23 22 1 RTR (1994, 1996, 2008–2022)
C1R (1995, 1997–2022)
サンマリノの旗 サンマリノ 2008 2022 12 3 0 SMRTV
セルビアの旗 セルビア 2007 2022 14 11 1 RTS
セルビア・モンテネグロの旗 セルビア・モンテネグロ 2004 2005 2 2 0 UJRT
スロバキアの旗 スロバキア 1994 2012 7 3 0 STV (1994–2010)
RTVS (2011–2012)
スロベニアの旗 スロベニア 1993 2022 27 15 0 RTV SLO
スペインの旗 スペイン 1961 2022 61 61 2 TVE
スウェーデンの旗 スウェーデン 1958 2022 61 60 6 SR (1958–1979)
SVT (1980–現在)
スイスの旗 スイス 1956 2022 62 51 2 SRG SSR
トルコの旗 トルコ 1975 2012 34 33 1 TRT
ウクライナの旗 ウクライナ 2003 2022 17 17 3 UA:PBC
イギリスの旗 イギリス 1957 2022 64 64 5 BBC
ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア 1961 1992 27 27 1 JRT

年度別の参加状況

1956年大会では7箇国のみが大会に参加している。その後、大会参加国の数は急速に増加していった。1970年には、北欧諸国を主体とするボイコットによって参加国数が20箇国にまで落ち込んだ[19]。1980年代末には、20箇国以上の参加が標準的となり、1993年には旧東側における共産主義体制の崩壊により、多くの新しい参加希望国が生まれた。こうした国を受け入れるために予選としてクヴァリフィカツィヤ・ザ・ミルストリートが開かれ、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立したスロベニアクロアチアボスニア・ヘルツェゴビナの3箇国が予選を通過した。1994年以降は参加制限が導入され、より多くの旧東側諸国の参加が可能となった。2003年には、アルバニアウクライナベラルーシが新たに加わった。更に、1992年大会を最後に参加を禁じられていたセルビア・モンテネグロが復帰を表明した。欧州放送連合は、はじめはこの4箇国すべての復帰を認めたものの、後にウクライナ以外は参加を拒絶され、4箇国の新規参入によって参加できなくなる国が多く生じすぎる、とした[20][21]。2004年にはこのような状況を解消するために準決勝が導入された。EBUは参加可能な国の数を40と定めたが[22]、2005年には39箇国に減らされた。2007年には再び枠を増やして42箇国の参加を可能とした。2008年以降は2つの準決勝が行われるようになった[9]

各国の参加状況早見表(▲=優勝、●=参加、○=投票のみ参加)
国/年
ジョージア (国)の旗 ジョージア
参加国数
1956 7
1957 10
1958 10
1959 11
1960 13
1961 16
1962 16
1963 16
1964 16
1965 18
1966 18
1967 17
1968 17
1969 16
1970 12
1971 18
1972 18
1973 17
1974 17
1975 19
1976 18
1977 18
1978 20
1979 19
1980 19
1981 20
1982 18
1983 20
1984 19
1985 19
1986 20
1987 22
1988 21
1989 22
1990 22
1991 22
1992 23
1993 25
1994 25
1995 23
1996 23
1997 25
1998 25
1999 23
2000 24
2001 23
2002 24
2003 26
2004 36
2005 39
2006 38
2007 42
2008 43
2009 42
2010 39
2011 43
2012 42
2013 39
2014 37
2015 40
2016 42
2017 42
2018 43
2019 41
2021 39
2022 40
ジョージア (国)の旗 ジョージア
52
参加回数 34 55 14 18 14 6 64 44 47 17 27 7 54 62 21 38 42 27 12 14 62 61 61 7 27 14 3 10 50 65 34 60 17 55 64 14 16 63 24 19 53 34 24 17 1 12 27 22 22 22 37 23 66

事情により参加できなかった国

大会に参加するためには、各年の大会前に公開される規定に従って、締め切りまでに加盟放送局が大会参加を表明しなければならない。参加する放送局は主催者に対して参加費を支払う。締め切り後に大会参加を撤回する場合、参加費は払い戻されず、更に罰金や数年間の参加禁止が言い渡される場合がある[23]。下表は参加を一度表明したが、何らかの事情により参加を見送られた国である。網掛けとなってる国は、一度も大会に参加してない国である。

放送局 参考
アルメニアの旗 アルメニア 2021 ARMTV 2020年ナゴルノ・カラバフ戦争の敗戦により、国内の政局が不安定だったため。 [24]
 ウクライナ 2019 UA:PBC 出演者はロシアでの公演をしない契約書を拒否したため、アーティストを選出できなかった。 [25]
 オーストリア 1956 ORF エントリーの期限を過ぎたため、失格となった。 [26]
キプロスの旗 キプロス 1988 PIK PIKはヤニス・ディミトルーの楽曲"Thimame"を代表として選出したが、ラジオタイムズが「同曲は既に1984年の国内選考に参加し3位となっていた」と報道し、ユーロビジョンの規定違反になったため失格となった。
グリーンランドの旗 グリーンランド 2011 KNR(EBU参加できず) グリーンランドは2011年以降EBUに加盟しようとしているが、独立した国ではないため、することができなかった。しかし、グリーンランドは2017年大会を少し遅れて放送することを発表した。 [27][28]
コソボの旗 コソボ 2009 RTK(EBU参加申請中) 独立宣言後、2009年大会への参加を模索したが、RTKは欧州放送連合の加盟局ではないため、参加できなかった。 [29][30]
ジブラルタルの旗 ジブラルタル 2006 GBC(EBU参加できず) ジブラルタルは2006年以降EBUに加盟しようとしているが、独立した国ではないため、することができなかった。 [31]
ジョージア (国)の旗 ジョージア 2009 GPB 代表曲に選ばれた楽曲「We Don't Wanna Put In」の歌詞がロシアのプーチン大統領を揶揄するもので、規程に反するとして欧州放送連合は出場を認めなかった。 [32]
中華人民共和国の旗 中華人民共和国 2016 Mango TV 中国は2015年大会を放送し、その後、中国の地方テレビ局Mango TV2016年大会に参加することへの関心があることを確認した。しかし、2015年6月3日に、EBUは、中国が2016年に参加しないことを発表した。そして、同テレビ局は2018年の大会で放送中に同性愛に関するコンテンツを検閲し消したことに対し、欧州放送連合は同テレビ局との契約を切り、それ以降の放送を認めないとしている[33] [34][35]
チュニジアの旗 チュニジア 1977 ERTT チュニジアは1977年の大会参加を目指していたが、後に取り下げている。その正確な理由は定かではないが、イスラエルの大会参加を嫌ったためと考えられている。 [10][36]
 デンマーク 1956 DR エントリーの期限を過ぎたため、失格となった。 [26]
フェロー諸島の旗 フェロー諸島 2010 KVF(EBU参加できず) フェロー諸島は独立した国ではないため、EBUに加盟することができなく、参加することができなかった。 [37]
 ベラルーシ 2021 BTRC 歌詞には2020年ベラルーシ大統領選挙の結果に不満を持つ反政府デモ参加者を揶揄する内容があるため、規程に反するとして欧州放送連合は出場を認めなかった。 [38]
マルタの旗 マルタ 1990 TVM マルタは15年ぶりに復帰を希望し、代表として、Maryrose Malliaの"Our Little World of Yesterday"を選出していたが、EBUが最大枠を22と定めていたため却下された。 [39]
リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン 1976 1FLTV(EBU参加申請中) リヒテンシュタインには欧州放送連合加盟局がなかったため、大会への参加はできなかった。しかし、その後リヒテンシュタインには放送局が開設されたため、欧州放送連合への参加が認められれば、大会参加への道が開ける。 [10][40]
 ルーマニア 2016 RTV 2002年からは毎年参加していて、2016年も既に出場者が決定していたが、欧州放送連合はルーマニアが負債を返済していないことを理由に、大会の約3週間前になってルーマニアの出場を認めないとした。 [41]
レバノンの旗 レバノン 2005 Télé Liban レバノンは2005年大会への参加を希望していたが、イスラエルの演技を放送することは保障できないとし、大会を完全に放送しなければならないとする欧州放送連合の規定に抵触したため、大会参加は認められなかった。 [42][43][44]
ロシアの旗 ロシア 2017 C1R 2000年からはロシアは毎年参加していたが、2017年に代表に選ばれたYuliya Samoylovaが、ロシアによるクリミア・セヴァストポリの編入以降にクリミア半島へ渡航したことがウクライナでは不法入国とみなされ、ウクライナへの入国が禁止された。欧州放送連合は代替案を示したが、ロシアは出場を辞退した。 [45]
ロシアの旗 ロシア 2022 RTR、C1R 2022年ロシアのウクライナ侵攻に対する他国の批判により、欧州放送連合は2022年のロシアの参加を取り止めると発表し、ロシアの両放送局も欧州放送連合から脱退した。 [46]

欧州放送連合加盟放送局を持つが大会参加経験のない国

イスラエルの参加により、多くのアラブ諸国が参加できない状態にある。バチカン市国も条件の上では参加が可能であるが、その国家としての性質や、ラジオ・バチカンは宗教的な話題のみを扱う放送局であることから、参加することはないと考えられている。カタール・ラジオ(Qatar Radio)は欧州放送連合への加盟を申請し、2011年大会への参加を希望しているが、加盟が早期に実現した場合は、「よろこんで2010年大会に参加したい。多くのアラブ諸国の間で障害となってきたイスラエルの演技を放送することに、何ら問題はない。」としている。

脚注

注釈

  1. ^ VRTとRTBFは交互に大会を担当している。
  2. ^ ユーゴスラビア連邦共和国は1992年には「ユーゴスラビア」として大会に参加している[47]

出典

  1. ^ ESCtoday.com (26 February 2007). Rúsza wins by just 17 votes. Retrieved on 9 February 2008.
  2. ^ European Broadcasting Union (22 February 2006). Membership conditions. Retrieved on 2 February 2008.
  3. ^ Repo, Juha (2009年5月12日). “Gulf nation wants to join Eurovision”. ESCToday. 2009年5月12日閲覧。
  4. ^ ESCtoday.com. Eurovision Song Contest 1993. Retrieved on 2 February 2008.
  5. ^ O'Connor, John Kennedy (2005). The Eurovision Song Contest 50 Years The Official History. London: Carlton Books Limited. ISBN 1-84442-586-X.
  6. ^ ESCtoday.com. Eurovision Song Contest 1996. Retrieved on 2 February 2008.
  7. ^ Eurovision.tv. Eurovision Song Contest 1997 Archived 2008年1月20日, at the Wayback Machine.. Retrieved on 2 February 2008.
  8. ^ BBC News (12 May 2004). Eurovision finalists chosen. Retrieved on 2 February 2008.
  9. ^ a b European Broadcasting Union (1 October 2007). Two semi-finals Eurovision Song Contest 2008. Retrieved on 2 February 2008.
  10. ^ a b c BBC (26 April 2007). The Eurovision Song Contest 1956 - present. Retrieved on 2 February 2008.
  11. ^ ESCtoday.com (27 November 2007). What more does Italy need to return?. Retrieved on 5 November 2017.
  12. ^ “43 countries to take part in Eurovision 2011”. eurovision.tv. 欧州放送連合 (2010年12月31日). 2017年11月5日閲覧。
  13. ^ Victor Hondal (24 September 2008. Slovakia returns to Eurovision in 2009. ESCtoday.com. Retrieved on 24 September 2008.
  14. ^ “39 countries to take part in Eurovision 2013”. eurovision.tv. 欧州放送連合 (2012年12月21日). 2017年11月5日閲覧。
  15. ^ Gylleneskor.se (13 December 2006). Monaco drag sig ur Eurovision Song Contest (スウェーデン語) Retrieved on 9 February 2008.
  16. ^ Ian Taylor (14 May 2007). From pariah state to kitsch victory: how a Balkan ballad showed Europe a new Serbia. The Guardian. Retrieved on 9 February 2008.
  17. ^ “- Eurovision Song Contest”. eurovision.tv. 2022年9月12日閲覧。
  18. ^ (EBU), European Broadcasting Union. “EBU – Members” (英語). www.ebu.ch. 2018年4月29日閲覧。
  19. ^ Eurovision.tv. Eurovision Song Contest 1970 Archived 2008年8月28日, at the Wayback Machine.. Retrieved on 9 February 2008.
  20. ^ ESCtoday.com (27 November 2002). No new countries at next Eurovision Song Contest. Retrieved on 11 February 2008.
  21. ^ ESCtoday.com (27 November 2002). EBU released list of participants for 2003. Retrieved on 11 February 2008.
  22. ^ Eurovision.tv (27 October 2006). Georgia set on 2007. Retrieved on 11 February 2008.
  23. ^ BBC News (20 March 2006). Row prompts Eurovision withdrawal. Retrieved on 14 February 2008.
  24. ^ “Armenia withdraws from Eurovision Song Contest 2021” (英語). Eurovision.tv (2021年3月5日). 2021年8月18日閲覧。
  25. ^ News, Eurovision (2019年2月27日). “Eurovision Ukraine: UA:PBC withdraws from Eurovision 2019 - ESCToday.com” (英語). Eurovision News, Polls and Information by ESCToday. 2021年8月18日閲覧。
  26. ^ a b “Eurovision History – Lugano 1956”. European Broadcasting Union. 2012年3月5日閲覧。
  27. ^ “Greenland: Will Not Broadcast Eurovision 2016”. eurovoix.com. Eurovoix (2016年5月3日). 2016年9月12日閲覧。
  28. ^ “Greenland: KNR to broadcast Eurovision 2017 on timeshift”. Eurovoix (2017年5月4日). 2017年5月4日閲覧。
  29. ^ “Kosovo: RTK wants to enter Eurovision in 2009”. Oikotimes. 2010年1月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月22日閲覧。
  30. ^ "NDR on the Kosovo potential participation in Eurovision" Archived 2012年3月29日, at the Wayback Machine. Oikotimes 22 May 2008 Link accessed 27/05/08
  31. ^ “Gibraltar: No Plans To Broadcast Eurovision”. eurovoix.com. Eurovoix (2015年3月25日). 2016年9月12日閲覧。
  32. ^ “Georgian song lyrics do not comply with Rules”. eurovision.tv. 欧州放送連合 (2009年3月10日). 2017年11月5日閲覧。
  33. ^ “China banned from broadcasting Eurovision after censoring same-sex dance” (英語). SBS News. 2021年3月23日閲覧。
  34. ^ Lee Adams, William (2015年5月22日). “China: Exclusive: China’S Hunan TV exploring Eurovision participation”. wiwibloggs. 2015年5月22日閲覧。
  35. ^ “Eurovision 2016: EBU denies Kosovo and China rumours”. Wiwibloggs. www.wiwibloggs.com (2015年6月3日). 2015年6月4日閲覧。
  36. ^ Eurovision.tv. Eurovision Song Contest 1977. Retrieved on 2 February 2008.
  37. ^ “Faroe Islands want to participate in the Eurovision Song Contest”. eurovoix.com. Eurovoix (2015年6月10日). 2015年6月13日閲覧。
  38. ^ “EBU statement on Belarusian participation” (英語). Eurovision.tv (2021年3月26日). 2021年8月18日閲覧。
  39. ^ “No, No, Never!!! - Songs That Did Not Make It To Eurovision”. eurovisionsongs.net. 2009年3月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年7月23日閲覧。
  40. ^ Kuipers, Michael (24 August 2008). Liechtenstein gets its own TV station. Retrieved on 24 August 2008.
  41. ^ Gallagher, Robyn (2016年4月22日). “EBU withdraws Romania from Eurovision due to non payment of debts”. wiwibloggs.com. wiwibloggs.com. 2017年11月5日閲覧。
  42. ^ BBC News (18 March 2005). Lebanon withdraws from Eurovision. Retrieved on 2 February 2008.
  43. ^ Guardian Unlimited (19 May 2005). European unison. Retrieved on 13 February 2008.
  44. ^ Al Bawaba (29 March 2005). Lebanon officially withdraws from Eurovision. Retrieved on 13 February 2008.
  45. ^ “EBU: "Russia no longer able to take part in Eurovision 2017"”. wiwibloggs.com. wiwibloggs.com (2017年4月14日). 2017年11月5日閲覧。
  46. ^ “Russian Broadcasters Leave EBU” (英語). Radio World (2022年2月26日). 2022年2月26日閲覧。
  47. ^ Doteurovision.com (22 February 2004). Željko Joksimovic wins Evropesma Archived 2008年3月5日, at the Wayback Machine.. Retrieved on 10 February 2008.

関連文献

  • O'Connor, John Kennedy (2005). The Eurovision Song Contest 50 Years The Official History. London: Carlton Books Limited. ISBN 1-84442-586-X.

外部リンク

  • Eurovision.tv
概要
  • 歴史
  • ルール
  • 開催地
  • 優勝者
  • 司会
  • 投票
  • 参加国
  • 言語
  • ランキング
  • OGAE
  • マルセル・ブザンソン賞
各年度
参加国
活動中
※は「BIG 5」
休止中
資格停止中
現存しない国
ジュニア
各年度
参加国
活動中
休止中
資格停止中
現存しない国
予選
国内選考
現在
過去
特別番組
関連作品