ミフラーブ

Allah logo.svg

イスラム教

教義・信仰

アッラーフ · イスラーム
六信 · 五行
タウヒード · ジハード
モスク · マドラサ
カアバ · ハッジ

指導者

ムハンマド
ハディージャ · アーイシャ
アブー・バクル
ウマル · ウスマーン
アリー · ファーティマ
預言者 · カリフ
イマーム · ウラマー
スルタン

法・規範

クルアーン · シャリーア
スンナ · ハディース

経済・金融

イスラム経済
ジズヤ
ハラージュ

ウンマ · ハワーリジュ派
スンナ派 · シーア派 · イバード派
スーフィズム
ワッハーブ運動
イスラム主義

秀逸な記事

ムハンマド・アリー

良質な記事

イスラームにおけるイーサー
イスラーム建築
モリスコ
ムハンマド・アリー・ジンナー

ポータル・イスラーム
  
ミフラーブ(東京ジャーミー)

ミフラーブアラビア語: محرابmihrāb, 聖龕〈せいがん〉)は、モスクキブラ壁(カアバの方向を示す礼拝堂内部正面の壁)に設置された窪み状の設備。モスクにはマスジド・ハラームを例外として必ずある。モスクはキブラに礼拝するためのものなので、あえていうならばミフラーブがあればそれでモスクである。

概要

ミフラーブは幾何学的な模様で豪華に飾られることがしばしばある。また、ミフラーブの横にはよくミンバル(minbar, 大きい説教壇)がある。また、ミフラーブ自体は聖なるものではないとされるため、ムスリム自身はミフラーブの中で寝ることもある。ひとつのモスクに複数のミフラーブがあることもある。また、ミフラーブは、三日月と並んでイスラム教の象徴とされるため、モスクの絨毯にデザインされたり、モスクの壁に彫られたりということがしばしばある。

語の由来はペルシア語と考えられる。その起源はキリスト教聖堂のアプシスといわれているが、宗教的意義の継承はなく、単にカリフや地方の支配層の公的礼拝の場所の規定が本来の目的であった。

イスラム教は偶像崇拝が禁止されているため、モスクにおける装飾の類はミフラーブぐらいなものであり、それもあくまで祈りのための目印としての意味合いしかない[1]

ギャラリー

脚注

  1. ^ 島田裕巳『日本人の信仰』pp.145-146 扶桑社新書、2017年、ISBN 978-4594077426

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、ミフラーブに関連するカテゴリがあります。
様式
形成期
  • ウマイヤ建築 (en)
  • アッバース建築 (en)
古典期
  • ペルシャとトルキスタン
  • エジプト
    • ファーティマ建築 (en)
    • アイユーブ建築 (en)
    • マムルーク建築 (en)
  • イベリア半島と北アフリカ
    • ムーア建築 (en)
ポスト古典期
モダニズム
イスラム圏
北アフリカ
西アフリカ
  • スーダン・サヘル建築 (en)
  • ハウサ建築 (en)
  • マリの建築 (en)
  • ナイジェリアの建築 (en)
東アフリカ
  • ソマリアの建築 (en)
西アジア中東
  • アゼルバイジャンの建築
  • アラブ首長国連邦の建築 (en)
  • イエメンの建築 (en)
  • イラクの建築 (en)
  • イランの建築 (en)
    • コラサニ様式 (en)
    • ラジ様式 (en)
    • アザリ様式 (en)
    • サファヴィー建築
    • ペルシアの伝統的住宅 (en)
    • ハシュト・ビヒシュト (en)
  • クウェートの建築 (en)
  • サウジアラビアの建築 (en)
  • ジョージアの建築 (en)
  • トルコの建築 (en)
  • バーレーンの建築 (en)
  • ヨルダンの建築 (en)
  • レバノンの建築 (en)
南アジア
  • アフガニスタンの建築 (en)
  • インド・イスラーム建築 (en)
  • パキスタンの建築 (en)
  • バングラデシュの建築 (en)
中央アジア
  • 中央アジアの建築 (en)
  • ウズベキスタンの建築 (en)
東南アジア
ヨーロッパ
  • アルバニアの建築 (en)
  • ボスニア・ヘルツェゴビナの建築 (en)
構造
空間
意匠
部位
素材
  • カダッド (en)
  • タデラクト (en)
アーチ
  • 入隅迫持
  • ヴォールト (en)
  • オジー・アーチ (en)
  • 尖頭アーチ (en)
  • 多弁形アーチ (en)
  • チャハルタック (en)
  • ディスチャージング・アーチ (en)
  • 馬蹄形アーチ (en)
  • フォーセンタード・アーチ (en)
  • ランブレキン・アーチ (en)
屋根
  • グルダスタ (en)
  • セミ・ドーム (en)
  • タジュグ (en)
  • チャジャ (en)
  • ドーム
    • アラビアのドーム (en)
    • オニオン・ドーム (en)
    • ペルシアのドーム (en)
    • 南アジアのドーム (en))
宗教的
物体
  • アナザ (en)
  • イマームザーデ (en)
  • キスワ
  • キブラ
  • ゴンバデ (en)
  • ザリ (en)
  • ディッカ (en)
  • フサイニヤ (en)
  • ベダグ (en)
  • マクスーラ (en)
  • モスクのスピーカー (en)
  • ミナレット
  • ミフラーブ
  • ミンバル
  • ムアッジン・マフィリ (en)
装飾
  • イスラーム装飾 (en)
  • アブラーク (en)
  • アラベスク
  • アルカット・アルアシリ (en)
  • アルフィズ (en)
  • イェセリア (en)
  • イスラームの幾何学模様 (en)
  • イスラームの書法
  • カシャニ (en)
  • ギリー (en)
  • ギリー・タイル (en)
  • シャバカ (en)
  • シャムサ (en)
  • ジャリ (en)
  • セブカ (en)
  • ゼリージュ (en)
  • ソカラ (en)
  • バンナーイ (en)
  • ムカルナス
  • モスク・ランプ (en)
部屋
  • アンダルニ (en)
  • イーワーン
  • カア (en)
  • ゼナナ (en)
  • ハレム
  • ホッシュ (en)
  • リワン (en) (entrance hall)
庭園
  • イスラーム庭園 (en)
  • チャーバー (en)
  • 反射プール (en)
  • ペルシャ式庭園
  • ムガル庭園 (en)
  • 楽園 (en)
  • リヤド
屋外の
物体
  • イードガー (en)
  • シャディルヴァン (en)
  • セビル (en)
  • チャートリ (en)
  • メカワー (en)
自然空調
  • クチェ (en)
  • サフン (en)
  • サラサビル (en)
  • シャベスタン (en)
  • ジャロカ (en)
  • バードギール
  • ハイポスタイル (en)
  • ハウズ (en)
  • マシュラビヤ (en)
  • メディナ・ハラーム・ピアッツァの日よけ傘 (en)
  • リワーク (en)
ビルディング
・タイプ
宗教
  • キュッリエ (en)
  • クッバ (en)
  • ゴンベイ (en)
  • ザーウィヤ (en)
  • ジャーマー・マスジド (en)
  • ジャーマート・ハーナ (en)
  • スラウ (en)
  • ダルガー (en)
  • テキーエ (en)
  • テッケ
  • テュルベ (en)
  • マカーム (en)
  • マクバラ
  • マザール (en)
  • マドラサ
  • ムサッラー (en)
  • モスク
  • ラウザ (en)
一般
軍事
  • アムサール (en)
  • アルカサバ (en)
  • アルカサル (en)
  • アルバラーナ・タワー (en)
  • カスバ (en)
  • カラート (en)
  • クサール
  • リバート
賞など
影響
  • インド・サラセン様式 (en)
  • 西洋美術に対するイスラムの影響 (en)
  • ムーア・リヴァイヴァル (en)
  • ムデハル様式
カテゴリー
ページ
  • アラブ建築
  • イエメンの建築
  • イスラーム建築
  • イランの建築
  • オスマン建築
  • ベルベル建築
  • ムガル建築
  • モロッコの建築
  • カテゴリ カテゴリー
  • コモンズ コモンズ
  • ポータルポータル 建築/イスラーム
典拠管理 ウィキデータを編集
  • BNF: cb12103701m (データ)
  • FAST: 1738166
  • GND: 4205818-1
  • J9U: 987007551812305171
  • LCCN: sh2005003859
  • SUDOC: 029401607
  • TDVİA: mihrab
執筆の途中です この項目は、イスラームに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(ウィキポータル イスラーム/PJ イスラーム)。