ナースィル・ムハンマド・モスク

ナースィル・ムハンマド・モスク
Al-Nasir Muhammad Mosque
مسجد أحمد كتخدا.jpg
中庭の列柱回廊の正面と緑のドーム
基本情報
所在地  エジプトカイロシタデル(英語版)
座標 北緯30度01分45秒 東経31度15分39秒 / 北緯30.02917度 東経31.26083度 / 30.02917; 31.26083座標: 北緯30度01分45秒 東経31度15分39秒 / 北緯30.02917度 東経31.26083度 / 30.02917; 31.26083
宗教 イスラム教
建設
建築家 Ibn al-Suyufi[1]
形式 モスク
様式 マムルーク建築(英語版)
創設者 ナースィル・ムハンマド
着工 1318年創建
完成 1335年改築
(1948年修築)
建築物
収容人数 約5,000人
横幅 63メートル (207 ft)
奥行 57メートル (187 ft)
ドーム数 1基
ミナレット 2基
資材

石材

ユネスコ世界遺産
所属カイロ歴史地区: Historic Cairo
登録区分文化遺産: (1), (5), (6)
参照89
登録1979年(第3回委員会)
面積523.66ヘクタール (5.2 km2)
テンプレートを表示

ナースィル・ムハンマド・モスクアラビア語: مسجد الناصر محمد بن قلاوون[2]英語: Al-Nasir Muhammad Ibn Qalawun Mosque〈ナースィル・ムハンマド・イブン・カラーウーン・モスク〉)は、エジプトの首都カイロのシタデル(英語版): Cairo Citadel)にある14世紀初頭のモスクである。1318年より[3][4]マムルーク朝1250-1517年)のスルターンナースィル・ムハンマドにより、金曜礼拝(ジュムア、Jumuʿah)を行なうシタデル(城塞)の王室モスクとして建設された[5][6]。このモスクは、19世紀に構築されたムハンマド・アリー・モスクに近接した位置にあり、歴史的都市カイロの一部を構成する[7]

歴史

ナースィル・ムハンマド

詳細は「ナースィル・ムハンマド」を参照

ナースィル・ムハンマド(在位1293-1294年1298-1308年1299-1309年[8][9]〉、1309-1340年1310-1341年[8][9][10][11])は、スルターン・カラーウーン(在位1279-1290[12])の息子の1人であった[4]。ナースィルは9歳でスルターンに即位し[13][14]、三度の治世を経て亡くなるまで[15]、マムルーク朝史上最も長く君臨した[13]。その治世にナースィルは、とりわけ贅沢な宮廷生活を極めたほか、数多くの壮大な土木建築事業に資金を費やしたことで知られ[16][17]、モスクだけでもおよそ30が建設された[18]

建設

シタデル(英語版)にあるナースィル・ムハンマド・モスク(: Mosque of al-Nasir Muhammad)の位置

ナースィル・ムハンマドは、在位第3期の1318年[6]、3番目のモスク(ジャーミー、jāmiʿ)として[19]サラディン(在位1171[20]/1172-1193年)にさかのぼるカイロのシタデル(サラディン〈サラーフ・アッ=ディーン[21][22]〉の城塞、アラビア語: قلعة صلاح الدين‎〈Qalaʿat Salāḥ ad-Dīn〉、英語: Citadel of Saladin)にあったアイユーブ朝(1171-1250年[23]の古いモスク(伝、スルターン・アル=カーミル〈在位1218-1238年[20]〉建立[19])とその周りの構造物を取り壊し、マムルーク朝(1250-1517年バフリー・マムルーク朝、1250-1390年[20][24])における自身の王室モスクの建設を命じた[6]

モスクが完成するとナースィルは、カイロとフスタートのすべてのムアッジン・説教者・朗誦者を召集し、誰がシタデルの自身のモスクに仕えるに相応しいかスルターン自らそれぞれの職能を確かめ、ムアッジン20人のほかモスクの役職に最適な人材を選定した[4]

1334年に当初のモスクよりも王室に相応しいモスクにするという勅令が発せられると[19]1335年、モスクは大幅に改築された[1]。モスクの高さが増して、その際にドームが構築された[6]。改築の詳細は不明であるが[19]ミナレットについても、基壇はモスクの屋根より低い位置にあるものの、柱体および先端は1335年に構築されたものと考えられる[6]

悪化・修築

ドームは崩壊して、ブルジー・マムルーク朝1382-1517年[24])のカーイトバーイ(在位1468-1495年)の治世[25]1487年に再建されているが[19]、1517年にマムルーク朝を破ったオスマン帝国がカイロを奪い取ると[26]、モスクのドームは壊され、説教壇(ミンバル)を失うなど、状態が悪化した[27]

1798年7月、フランス第一共和政)のエジプト・シリア戦役(1798-1801年)において、ナポレオン・ボナパルトがカイロを占領すると[28][29]、同年10月のカイロの反乱(英語版)に対して、シタデルを拠点に砲撃し[30]、ナースィル・ムハンマド・モスクは、牢獄に改造されてギロチンが設置された[31]

西(西北)正面と2基のミナレット

その後、エジプトで起こったウラービー革命1881-1882年)を鎮圧したイギリスグレートブリテン及びアイルランド連合王国)が、1882年、軍事占領により影響力を得ると[32]、このシタデルのモスクはさらに破壊され、刑務所および軍隊の倉庫として使用されるようになり[3][27]、空間を仕切る高い隔壁が、支柱間に粗石を積んで築かれた。これに対してイギリス陸軍少佐 C・M・ワトソン (C. M. Watson) が、モスク内の様相の回復に努めたことで、モスクを塞ぐ貯蔵物が別の場所に移され、1886年までに、支柱間に増築されていた多くの隔壁が取り除かれた[33]。そして1948年になって、それらの修築が行われたが[3]1947年には、イスラム文化財保存委員会(: Committee for the Preservation of Islamic Antiquities)により、ミフラーブ壁龕)のある壁および床面における大改修が施されている[27]

構造

ナースィル・ムハンマド・モスクの案内板(2017年)

マムルーク建築(英語版)による多柱式 (hypostyle) モスクであるナースィル・ムハンマド・モスクは[1]、幅 63メートル (207 ft) 、奥行 57メートル (187 ft) の方形をなしており、キブラ方向の東(東南)側が大きな領域を占める[1]。内側の四方に回廊を備えた中庭 (ṣaḥn) は、幅 35.5メートル (116 ft) 、奥行 23.5メートル (77 ft) で、かつては中央に泉亭を有した[34]。モスクにはおよそ5000人の礼拝者を収容することができた[5]

正面玄関となる入口は、西(西北)側の壁面中央に設けられ[35]、上部の石板にモスクが最初に建立されたヒジュラ暦718年(西暦1318年)が記される[36]。また、北(北東)側にもう1つ中庭に通じる入口があるほか[1]、南(南西)側にも入口が認められ[36]、壁の端からミフラーブの右側の王室のマクスーラ(英語版)に通じていた[37]

モスク内にあるミフラーブと木製のミンバルおよび列柱の一角

1335年の改修において、モスクのリワーク(英語版)柱廊)は、アシュムネイン(Ashmūnaynヘルモポリス〉) より船でカイロに運ばれた古代の花崗岩の円柱による列柱が、上部アーチとともに高さを増した。モスクの壁は高くなり、胸壁: crenellation)が巡らされ、マクスーラ、ミフラーブが改築されて、屋根には緑のタイルで覆われたドームが追加された。しかし、当時のミフラーブや大理石の内壁面は残存せず、現在のドームも1935年に加えられたものである[38]

ミナレット

左:東のミナレット上部 右:西正面のミナレット 左:東のミナレット上部 右:西正面のミナレット
左:東のミナレット上部 右:西正面のミナレット

2基のミナレットが、西(西北)側の正面入口の上部および東側の一角にある。西側正面のミナレットは3層からなる円錐形で、2段のバルコニーによりそれぞれ分断される[37]。入口に基壇を備えるミナレットの配置は、カイロの伝統に基づく。また、正門のミナレットの柱体部には、彫刻による装飾が施され、柱軸に刻まれたジグザグの意匠は、エジプトのミナレットとして初めて見られる[6]

東側の角のミナレットは、基部が方形で、柱体部は円筒形であり、上層部の開口した部分の上に西のミナレットに似た頂部を持ち、同様に球根状の造形を備える。これらの上層部の意匠ならびに緑のファイナンスモザイクの使用[37]、それにセラミックタイルによる青地に白のクルアーンの碑文などの様式から、モンゴル帝国イルハン朝(イル・ハーン国[39]1256-1353年[40])の形式の伝搬が認められ[1]ペルシア系職人の関与が示唆される[37]

脚注

  1. ^ a b c d e f Torky, Tarek. “Database: Mosque of Sultan al-Nasir Muhammad ibn Qalawun” (英語). Discover Islamic Art. Museum with No Frontiers. 2022年9月10日閲覧。
  2. ^ “مسجد الناصر محمد بن قلاوون” (アラビア語). وزارة السياحة والآثار (2019年). 2022年9月10日閲覧。
  3. ^ a b c “Sultan al-Nasir Muhammad Mosque” (英語). Ministry of Tourism and Antiquities (2019年). 2022年9月10日閲覧。
  4. ^ a b c “Mosque of the Citadel”. Maqrizi.com (2009年). 2011年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月10日閲覧。
  5. ^ a b al-Asad, Mohammad (1992). “The Mosque of Muhammad ʿAli in Cairo” (PDF). Muqarnas (E. J. Brill) 9: 39-55. doi:10.2307/1523134. https://www.archnet.org/publications/3046 2022年9月10日閲覧。. 
  6. ^ a b c d e f “Sultan al-Nasir Muhammad ibn Qala'un Mosque”. ArchNet. Digital Library. 2005年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月10日閲覧。
  7. ^ “Al-Nasir Muhammad Mosque” (英語). Archiqoo. 2022年9月10日閲覧。
  8. ^ a b 『岩波講座 世界歴史 10 - イスラーム世界の発展』岩波書店、1999年、248頁。ISBN 4-00-010830-1。 
  9. ^ a b 佐藤 編 (2002)、312頁
  10. ^ ヒッティ (1983)、638・648頁
  11. ^ 岩波書店編集部 (1981)、950・1789-1790頁
  12. ^ 岩波書店編集部 (1981)、357・1789頁
  13. ^ a b ヒッティ (1983)、648頁
  14. ^ al-Harithy (2000), p. 220
  15. ^ 牟田口義郎 (1992)206-209頁
  16. ^ 岩波書店編集部 (1981)、950頁
  17. ^ al-Harithy (2000), pp. 223-226
  18. ^ ヒッティ (1983)、650-651頁
  19. ^ a b c d e al-Harithy (2000), p. 228
  20. ^ a b c 岩波書店編集部 (1981)、1789頁
  21. ^ 佐藤次高 『イスラームの「英雄」サラディン - 十字軍と戦った男』講談社〈講談社選書メチエ〉、1996年、4頁。ISBN 4-06-258075-6。 
  22. ^ 羽田正 『増補 モスクが語るイスラム史』筑摩書房ちくま学芸文庫〉、2016年 (原著1994年)、151頁。ISBN 978-4-480-09738-5。 
  23. ^ Bernard O'Kane, ed (2009). “The Citadel of Cairo in the Ayyubid Period and the Development of Thirteenth-century Fortifications: A Reconsideration”. Creswell Photographs Re-Examined: New Perspectives on Islamic Architecture. The American University in Cairo Press. pp. 1, 6. doi:10.5743/cairo/9789774162442.003.0001. ISBN 978-977-416-244-2. https://www.researchgate.net/publication/300793778 2022年9月10日閲覧。 
  24. ^ a b “マムルーク朝”. コトバンク. 2022年9月10日閲覧。
  25. ^ 岩波書店編集部 (1981)、317・1790頁
  26. ^ 佐藤 編 (2002)、327頁
  27. ^ a b c “Mosques With A History .. The Al-Nasir Muhammad Mosque Was Used As A Prison And Storehouse During The British Occupation”. Egypt Forward. Egyptfwd.org (2021年5月5日). 2022年9月3日閲覧。
  28. ^ 牟田口義郎 (1992)233-234頁
  29. ^ ヴィゴ=ルシヨン (1982)、65頁
  30. ^ ヴィゴ=ルシヨン (1982)、72-73頁
  31. ^ 牟田口義郎 (1992)244-245頁
  32. ^ 佐藤 編 (2002)、405-406・409頁
  33. ^ Watson (1886), p. 477
  34. ^ al-Harithy (2000), pp. 228 237
  35. ^ al-Harithy (2000), pp. 229 238
  36. ^ a b “Sultan al-Nasir Muhammad Ibn Qala'un Mosque” (英語). Religious Tourism. State Information Service (2022年6月14日). 2022年9月10日閲覧。
  37. ^ a b c d al-Harithy (2000), p. 229
  38. ^ al-Harithy (2000), pp. 228-229
  39. ^ 佐藤 編 (2002)、310・312・318頁
  40. ^ “イル・ハン国”. コトバンク. 2022年9月10日閲覧。

参考文献

  • Watson, C. M. (1886-10). “The Mosque of Sultan Nasir Mohammed ebn Kalaoun, in the Citadel of Cairo”. The Journal of the Royal Asiatic Society of Great Britain and Ireland (Cambridge University Press) 18 (4): 477-483. doi:10.1017/S0035869X00161477. https://www.jstor.org/stable/25208841 2022年9月4日閲覧。. 
  • al-Harithy, Howayda (2000) (PDF), The Patronage of al-Nasir Muhammad ibn Qalawun, 1310-1341, The Middle East Documentation Center (MEDOC), pp. 219-244, doi:10.6082/M14F1NWF, ISSN 1947-2404, https://knowledge.uchicago.edu/record/1006 2022年9月4日閲覧。 
  • 岩波書店編集部 編 『岩波 西洋人名辞典』(増補版)岩波書店、1981年 (原著1956年)。 
  • フランソワ・ヴィゴ=ルシヨン 著、瀧川好庸 訳 『ナポレオン戦線従軍記』中央公論社、1982年 (原著1793-1837年)。ISBN 4-12-001089-9。 
  • フィリップ・K・ヒッティ 著、岩永博 訳 『アラブの歴史 (下)』講談社講談社学術文庫〉、1983年 (原著1937年)。ISBN 4-06-158592-4。 
  • 牟田口義郎 『カイロ』文藝春秋〈世界の都市の物語 10〉、1992年。ISBN 4-16-509620-2。 
  • 佐藤次高 編 『西アジア史 I - アラブ』山川出版社〈新版 世界各国史 8〉、2002年。ISBN 4-634-41380-9。 

関連文献

  • Behrens-Abouseif, Doris (1992) [1989]. Islamic Architecture in Cairo: An Introduction. E. J. Brill. ISBN 90-04-09626-4 
  • Rabbat, Nasser O. (1995). The Citadel of Cairo: a new interpretation of royal Mamluk architecture. E. J. Brill. ISBN 90-04-10124-1 

関連項目

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、ナースィル・ムハンマド・モスクに関連するカテゴリがあります。
  • “Masjid al-Sultan al-Nasir Muhammad ibn Qalawun”, Archnet, https://www.archnet.org/sites/2737