トムス・エンタテインメント

セガサミーホールディングス 22 > セガ > トムス・エンタテインメント
株式会社トムス・エンタテインメント
TMS ENTERTAINMENT CO.,LTD.
TMS Entertainment logo.svg
TMS Entertainment and Telecom Animation Film Office.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報
名証2部 3585
1957年4月 - 2010年11月26日
略称 TMS、トムス
本社所在地 日本の旗 日本
164-0001
東京都中野区中野3丁目31番1号
北緯35度42分8.3秒 東経139度39分54.5秒 / 北緯35.702306度 東経139.665139度 / 35.702306; 139.665139座標: 北緯35度42分8.3秒 東経139度39分54.5秒 / 北緯35.702306度 東経139.665139度 / 35.702306; 139.665139
設立 1946年昭和21年)10月22日
(アサヒ手袋製造株式会社)
1964年昭和39年)
(株式会社東京ムービー
業種 情報・通信業
法人番号 2011101042663 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーションの企画・製作・販売・配給および輸出
代表者 代表取締役社長 竹崎忠
資本金 1億円(2021年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 3909万546株
(2017年3月31日現在)[2]
純利益 9億9158万0000円
(2021年3月期)[1]
純資産 159億4905万2000円
(2021年3月31日現在)[1]
総資産 219億0283万5000円
(2021年3月31日現在)[1]
従業員数 240人
(2021年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社セガ 100%
主要子会社 #グループ会社参照
関係する人物 #関連人物参照
外部リンク www.tms-e.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

株式会社トムス・エンタテインメント: TMS ENTERTAINMENT CO.,LTD.)は、日本アニメ制作会社(同社では自社を「アニメーションの総合プロデュース会社」と規定している)。株式会社セガの完全子会社で、日本動画協会正会員。日本のアニメ制作会社としては、東映アニメーションに次いで二番目に歴史が古い。

概要

ルパン三世』シリーズ(日本テレビ系)、『それいけ!アンパンマン』シリーズ(同)や『名探偵コナン』シリーズ(同)などを制作していることで知られ、分社化・合併・社名変更などを経て現在の「トムス・エンタテインメント」となった。その為、制作した作品の制作クレジット表記は時期によって「東京ムービー」、「東京ムービー新社」、「キョクイチ東京ムービー」、「トムス・エンタテインメント」と変遷している。なお、最終的に社名が現在のトムス・エンタテインメントに変更された2000年平成12年)以降も、「東京ムービー」の名はアニメ制作ブランド名として2011年(平成23年)頃まで残り続けた。

また、近年[いつ?]、デジタルリマスター化の際などにクレジット表記をそれまでの古い表記(東京ムービーなど)から、トムス・エンタテインメント名義に変更する事例もある(特徴の節も参照)。

なお、同社の英語表記「TMS」は、東京ムービー新社(Tokyo Movie Shinsha Co., Ltd.)が著作権表記に用いた略称と同じものであり、周年カウントについては旧・東京ムービーがアニメを制作開始した1964年昭和39年)を起点としている(「沿革」で後述)。

沿革

  • 1946年(昭和21年)10月22日 - 名古屋市瑞穂区にてアサヒ手袋製造株式会社を設立。同年、商号を旭一編織株式会社に変更。
  • 1947年(昭和22年) - 株式会社旭一に商号変更。
  • 1957年(昭和32年) - 旭一シャイン工業株式会社に商号変更。名古屋証券取引所に上場。
  • 1958年(昭和33年) - 名古屋市昭和区に本社移転。
  • 1961年(昭和36年) - シャインミンク株式会社を札幌に設立しミンク事業に進出。
  • 1962年(昭和37年) - 毛皮事業を開始。
  • 1964年(昭和39年) - 株式会社東京ムービーを設立。
  • 1974年(昭和49年) - 旭一シャイン工業がシャインミンクを統合しミンク事業部とする。本社を名古屋市西区に移す。
  • 1975年(昭和50年)、東京ムービーが子会社テレコム・アニメーションフィルムを設立。
  • 1976年(昭和51年) - 東京ムービーから営業部門を分社化し株式会社東京ムービー新社を設立。東京ムービーは直接制作部門となる。
  • 1980年(昭和55年) - 旭一シャイン工業が名古屋市中区錦に本社を移転。
  • 1989年(平成元年)4月 - 旭一シャイン工業がウォッチマングループに買収される。繊維事業からアミューズメント事業へ業態を転換。
  • 1991年(平成3年) - 旭一シャイン工業が株式会社キョクイチに商号変更。名古屋市中区錦にゲームセンター「AGスクエア」栄店をオープンしアミューズメント事業に進出。
  • 1992年(平成4年) - キョクイチがセガ・エンタープライゼスおよび株式会社セガトイズと業務提携。セガグループ入りする。キョクイチは赤字続きで累積損失は12億円に。
  • 1993年(平成5年)、東京ムービーが解散する。
  • 1994年(平成6年) - キョクイチが名古屋市中区栄に社屋移転。
  • 1995年(平成7年)11月 - キョクイチがセガの子会社だった株式会社東京ムービー新社を吸収合併し、東京支店を設立。東京ムービー事業本部を発足させる。またマルチメディア事業に進出。合併はセガの意向であり、買収の資金もセガからの増資で得た資金によるもの。
  • 1996年(平成8年) - シンガポール現地法人設立。また株式会社大王振興(後の株式会社オーペス)を子会社にする。
  • 1997年(平成9年)7月 - 鉄鋼メーカーだった矢作製鉄株式会社(後の株式会社ヤハギ)を買収。
  • 1998年(平成10年)3月 - ヤハギ株を売却し、資本提携を解消。
  • 2000年(平成12年)1月1日 - 株式会社トムス・エンタテインメントに商号変更。
  • 2003年(平成15年) - 繊維事業から完全に撤退。以降はアニメーション制作とアミューズメント施設運営を事業の二本柱としていたが、2008年にアミューズメント施設運営を子会社の「AGスクエア」に分離(その後、セガグループに吸収合併され会社としては消滅。詳細はリンク先を参照)したため、現在はアニメーション制作・映像ライセンスビジネス・コンテンツビジネスの三事業を軸としている。
  • 2004年(平成16年) - 東京支社を東京本社に改組。
  • 2005年(平成17年) - セガサミーホールディングスが51%の株式を取得。子会社となる。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月 - オーペス代表取締役社長がTMS取締役退任。オーペスがMBOによりグループから分離。2007年(平成19年)7月より株式会社エッグボックスに社名変更。
    • 愛知県名古屋市の本店と東京本社を統合。本社を東京都新宿区に移転。
  • 2008年(平成20年)
    • 5月 - 子会社「株式会社AGスクエア」を設立し吸収分割によりアミューズメント事業を承継させた。一度「ゲオスクエア」に社名変更したが譲渡中止で前の社名に戻した。
    • 9月29日 - 同年10月1日にアミューズメント事業を株式会社ゲオに営業譲渡する予定だったが、ゲオ側の申し入れにより中止になる。TMSに解決金2億4000万円を支払う[3]
  • 2010年(平成22年)
    • 2月 - 本店所在地を東京都新宿区西新宿七丁目二十番一号(住友不動産西新宿ビル28階)に移転。
    • 11月26日 - 上場廃止。
    • 12月1日 - 株式交換により、セガサミーホールディングスの完全子会社化[4]
  • 2011年(平成23年)3月 - 子会社として株式会社スタジオさきまくら[5]を設立。
  • 2012年(平成24年)
    • 4月1日 - 株式会社スタジオさきまくらを吸収合併。
    • 11月26日 - 本店所在地を東京都中野区中野三丁目(旧・エイムクリエイツ本社ビル)に移転。
  • 2013年(平成25年)
    • VFX・CGプロダクション「ジーニーズアニメーションスタジオ」に資本参加。
    • 12月1日 - 制作スタジオを東京都中野区上高田から本店と同じ場所に移転。
  • 2014年(平成26年)10月12日 - 旧・東京ムービーがアニメ制作を開始してから50周年を迎えた事を記念し、記念イベント「トムスFes.」を東京・よみうりホールで開催。『ルパン』・『コナン』など長年に渡って制作し続けた作品や『ヴァンガード』・『弱虫ペダル』など近年の制作作品に出演した声優たち総勢25人が登壇、トムスアニメ50周年の祝辞を述べた。
  • 2015年(平成27年)
    • 「ジーニーズアニメーションスタジオ」の社名を「株式会社トムス・ジーニーズ」に変更。正式にグループ会社となる。
    • 2月23日 - アニメ製作開始50周年事業の一環として、西武鉄道とのコラボアニメ「でででん」を制作。
    • 4月1日 - セガサミーグループ再編に伴い、セガサミーホールディングスの完全子会社から株式会社セガホールディングス(後の株式会社セガグループ)の完全子会社となる[6][7]
  • 2016年(平成28年)7月 - アスミック・エースシンエイ動画ジェイアール東日本企画住友商事の4社と共同で企画を立案したプロジェクト「あにめのめ」第1弾『甘々と稲妻』が放送開始(同年9月まで放送)。
  • 2017年(平成29年)3月1日 - 資本金を88億1686万6000円から1億円に減資[2]
  • 2019年(平成31年/令和元年)
    • 4月17日 - 長年『ルパン三世』シリーズで深い繋がりがあったモンキー・パンチ逝去をうけ、トムス社が訃報を出す[8]
    • 4月24日 - 同年8月のトムスアニメ製作開始55周年を控え、YouTubeに期間限定(2020年1月初頭まで)で、過去作のベストセレクションを無料配信する「TMSアニメ55周年公式チャンネル」を開設(現在は期限を設けない「TMSアニメ公式チャンネル」とファミリー向け「とむすファミリーチャンネル」を開設中)。
  • 2021年(令和3年)
    • 4月1日 - セガがセガグループを吸収合併した事に伴い、セガの完全子会社となる[9]
    • 7月 - 他社制作作品のプロデュース事業強化を主目的とした「UNLIMITED PRODUCE プロジェクト」を開始。第1弾としてNETFLIX作品『バイオハザード: インフィニット ダークネス』(アニメ制作・Quebico)の製作プロデュースを担当。
  • 2022年(令和4年)
    • 8月1日 - 中国アニメの配給・宣伝・日本ローカライズ業務を軸にしたコンテンツ会社「チームジョイ株式会社」より第三者割当増資を引受け、資本業務提携を結ぶ。

特徴

  • 旧作の修復作業に積極的であり[10]、一部の作品ではDVD発売時のリマスター化の際にハイビジョン・マスターを制作していることもあった[11]。だが、修復作業の過程で旧東京ムービー社が製作したテレビアニメ作品のオリジナルの表記を変更し「製作著作 トムス・エンタテインメント」とする場合が多く、テロップの字体や画質が突然変わるなど不自然になる例がある[12]。現在は映像はそのままに本編終了後にトムスの表記を添えるなどのオリジナルを尊重するなどの配慮はしている。

制作スタジオ

所在地は東京都中野区中央5丁目49番4号。社内の制作スタジオは7つ存在する(2021年現在[13])が、2010年代頃よりトムスが出資している作品の映像クレジットで、トムス社と共に同社の制作スタジオ名も併記される様になった。スタジオ名には数字もしくは数由来の語句が入っている。なお他の会社がメインで出資、もしくは共同で制作している場合は会社名のみでスタジオ名表記は無い。

スタジオNo. 通称 代表的な制作作品
第1スタジオ TMS/第1スタジオ
(旧称:V1Studio)
『名探偵コナン』(劇場版は16作目から)
信長の忍び』シリーズなど
第2スタジオ だぶるいーぐる バキ』シリーズ、『ナナマル サンバツ』、『ソラとウミのアイダ
および遊技機用アニメ映像など
第3スタジオ 3xCube それいけ!アンパンマン』など
第4スタジオ Die4studio Dr.STONE 龍水
第5~第7スタジオは公式には制作作品を公表していない。以下は通称のみが知られるスタジオ。
2018年現在[14]
過去に存在したスタジオ

作品履歴

グループ会社

現在

過去

  • ヤハギ - 株式を売却。
  • オーペス - MBOにより独立し、後にエッグボックスへ商号変更したが、2019年2月破産手続開始決定。
  • AGスクエア - セガアミューズメント施設事業部、セガビーリンクと統合してセガ エンタテインメント(後のGENDA SEGA Entertainment)となった。
  • スタジオさきまくら[5] - トムス・エンタテインメントに吸収合併。
  • トクシス - マーザ・アニメーションプラネットへ事業を譲渡し、2019年3月に解散した後、同年6月に清算結了[15][16][17]
  • アルテメイト - 2020年3月に解散した後、2021年6月に清算結了。音楽事業はギャンビットへ譲渡され、舞台事業からは撤退[18][19][20]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 第75期(2021年3月期)決算公告 (PDF)”. 株式会社トムス・エンタテインメント. 2021年7月6日閲覧。
  2. ^ a b 第71期(平成29年3月期)決算公告 (PDF) トムス・エンタテインメント
  3. ^ アミューズメント事業の譲渡の契約解消に関するお知らせ トムス・エンタテインメント ニュースリリース、2008年9月29日
  4. ^ セガサミーホールディングス株式会社による株式会社サミーネットワークス、株式会社セガトイズ及び株式会社トムス・エンタテインメントの株式交換による完全子会社化のお知らせ セガサミーホールディングス 2010年8月27日
  5. ^ a b 命名は出﨑統諏訪道彦 (2011年5月12日). “持ってるコナン君!?”. スワッチのアニメ日記. 讀賣テレビ放送. 2014年6月4日閲覧。なお、「さきまくら」は出﨑統本人のペンネーム。
  6. ^ “セガグループの再編及び新会社設立のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), セガホールディングス, (2015年2月12日), https://sega.co.jp/wp-content/uploads/2015/02/nr150212_1.pdf 2019年7月6日閲覧。 
  7. ^ “グループ内組織再編とそれに伴う一部子会社の名称変更に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), セガサミーホールディングス, (2015年2月12日), https://www.segasammy.co.jp/japanese/pdf/release/20150212_organizational%20restructuring_j_final_1.pdf 2019年7月6日閲覧。 
  8. ^ “モンキー・パンチ逝去に関するお知らせ(訃報)NEWS RELEASE” (PDF) (プレスリリース), トムス・エンタテインメント, (2019年4月17日), https://www.tms-e.co.jp/pdf/news/2019/20190417_monkey_punch.pdf 2019年7月6日閲覧。 
  9. ^ “当社グループにおける組織再編(会社分割及び吸収合併)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), セガサミーホールディングス, (2021年1月29日), https://www.segasammy.co.jp/japanese/pdf/release/reorganization_j_20210129_final.pdf 2021年4月1日閲覧。 
  10. ^ 昭和のアニメ、高画質で再登場
  11. ^ 元祖天才バカボン』、『ルパン三世』、『それいけ!アンパンマン』シリーズが該当する。
  12. ^ 例として『ガンバの冒険』では東京ムービーに加え原作の出版社も変わったために、OP・EDで突然フォントや画質が変化したり、ぼかしがかけられるなど継ぎ接ぎだらけになっている
  13. ^ “会社情報>事業内容”. トムス・エンターテインメント. 2021年7月20日閲覧。
  14. ^ “インタビュー トムス・エンタテインメント 鈴木義治社長”. 文化通信社. 2020年12月19日閲覧。
  15. ^ 解散公告 トクシス 2019年4月1日
  16. ^ 株式会社トクシス 事業承継に関するお知らせ マーザ・アニメーションプラネット 2019年3月8日
  17. ^ 株式会社トクシス 国税庁法人番号公表サイト
  18. ^ 会社解散のご挨拶 アルテメイト 2020年3月
  19. ^ 解散公告 アルテメイト 2020年4月1日
  20. ^ 株式会社アルテメイト国税庁法人番号公表サイト

関連人物

役員

2022年8月現在。

  • 里見治紀(取締役会長)
  • 竹崎忠(代表取締役社長)
  • 岡山仁(取締役)
  • 白井貴(取締役)
  • 中山健(常勤監査役)
  • 国広清隆(監査役)
  • 吉川広太郎(上席執行役員)
  • 青木隆介(執行役員)
  • 篠原宏康(執行役員)
  • 石山桂一(執行役員)
  • 小澤繁夫(執行役員)
  • 大嶋絵涼子(執行役員)
  • 福山研輔(執行役員)

アニメーター・演出家

脚本・文芸

  • 鈴木美玲
  • 上田菜保子

音響

プロデューサー

制作進行・担当

  • 松田拓也
  • 大竹貴琳
  • 小塚郁
  • 坂井広樹
  • 廣田桂祐
  • 小原ひらり
  • 谷岡杏奈
  • 永山夏帆
  • 大島花梨
  • 鈴木麻央
  • 堤三佐子
  • 金箱智子
  • 福島和

関連項目

同社スタッフ・OBが独立・起業した会社

現在

過去

  • 陸演隊 - 演出を務めた岡尾貴洋が設立。
  • スタジオキャッツ - トレーサーを務めた工藤秀子が設立。ロケットビジョンに事業譲渡。
  • タカハシスタジオ - プロデューサーを務めた高橋美光が設立。
  • スタジオイルカ - 作画監督・演出を務めたこだま兼嗣が妻の神村幸子や仕事仲間とともに設立。
  • イメージ・ケイ - プロデューサーを務めた片山哲生が設立。
  • スタジオさきまくら - プロデューサーを務めた松元理人が子会社として設立。

外部リンク

  • 公式サイト
  • トムスショップ
  • トムス・エンタテインメント (@TMSent_jp) - Twitter
  • TMSアニメ公式チャンネル - YouTubeチャンネル(55周年記念チャンネルとして開設されたが55周年終了に伴い名称変更して継続)
  • とむすファミリーチャンネル - YouTubeチャンネル
トムス・エンタテインメント
テレビアニメ
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2010年代
2020年代
特別番組
TMS Entertainment logo.svg
劇場アニメ
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2010年代
2020年代
OVA
1980年代
1990年代
2000年代
2010年代
2020年代
  • フルーツバスケット -prelude-
Webアニメ
関連項目
  • 共:共同制作
  • 1:第25話まで制作
セガサミーグループ
持株会社
Sega Sammy Holdings logo.png
セガ
トムス・エンタテインメント
サミー
その他のグループ会社
過去のグループ会社
セガ
セガグループ
トムス・エンタテインメント
関連項目
1940年代
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2010年代
2020年代
関連項目

備考

  • 子:子会社
  • 開:株式公開を行っている企業
  • 正:日本動画協会正会員
  • 準:日本動画協会準会員

出典

  • 一般財団法人 日本動画協会
    • 日本動画協会正会員(Full membership)
    • 日本動画協会準会員(Associate membership)
中野

|所在地:東京都中野区中野|最寄駅:中野駅JR中央線(快速) / 中央・総武線(各駅停車)東京メトロ東西線東葉高速線直通含む))|Category:中野|
中野駅北口
商業施設
主な商店街
  • 中野サンモール商店街
  • 中野北口一番街商店街
  • 中野北口三番街商店街
  • 中野ふれあいロード商店街
  • 中野北口昭和新道商店街
主な文化施設・映画館
  • 中野サンプラザ
  • スマイル中野(劇場)
  • Hidari Zingaro(ギャラリー)
  • 早稲田大学中野国際コミュニティプラザ
  • 中野区昭和区民活動センター
主なホテル・飲食店
主な企業・団体
主な教育機関
主な公園・庭園
その他
中野駅南口
商業施設
主な商店街
  • レンガ坂
  • 実業桃光会桃園商店街
  • 中野南口駅前商店街
主な文化施設・映画館
ホテル・飲食店
  • ビジネスホテルクレセント
  • YADOYA GUEST HOUSE
主な企業・団体
主な教育機関

中野区立谷戸小学校、その他専門学校多数

公園・庭園

紅葉山公園

その他
主な道路・通り
中野で行われる
イベント
  • 中野アートフェスタ(時期浮動)
  • 中野コスプレフェスティバル(不定期)
  • 中野アンテナストリート(毎月第1土曜日)
  • MOTTAINAI手作り市(毎月第3日曜日)
  • 中野通り桜まつり・ライトアップ(4)
  • 中野セントラルビアパーク(7〜9)
  • 中野チャンプルーフェスタ(7)
  • 中野駅前大盆踊り大会(8)
  • なかの里・まちマルシェ(9)
  • なかのZEROクラシックフェスティバル(10)
  • MAGフェスタ(11)
典拠管理 ウィキデータを編集
  • BNF: cb13884259s (データ)
  • ISNI: 0000 0001 1781 7584
  • LCCN: no2007143615
  • VIAF: 154726688
  • WorldCat Identities: lccn-no2007143615